平成27年度 広島赤十字・原爆病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 363 158 255 392 696 1202 2679 3608 2208 349
※患者数は延患者数です。同一患者さんが集計期間中に入退院を繰り返した場合、入院のたびにカウントされます。

平成27年度中に退院した患者さんの年齢(入院時点)を、10歳刻みで集計しました。
当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の方々にご利用いただいています。
また、地域がん診療連携拠点病院として、がん診療を中心とした質の高い医療を提供しています。
60代以上の割合が高い理由の一つに、被爆者医療の中核機関として、長年に渡り被爆者医療を提供してきた背景が考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり 133 10.6 13.4 0.8 69.2
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 特別な処置あり(継気管肺生検法・気管支ファイバースコピー等) 108 3.0 3.3 0 71.1 気管支鏡検査
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 手術なし 特別な処置等なし 105 11.1 14.3 2.9 73.1
当科では、肺癌症例の診断・治療を数多く手掛けており、そのための入院がかなりの割合を占めています。
当科で行う気管支内視鏡検査や、外科、放射線科と連携して行う検査で、病理組織診断を確定しています。
画像診断を併せて臨床病期を特定し、外科、放射線科とカンファレンスを行いながらガイドラインを踏まえた適切な治療を提供しています。
治療方針は患者さんと相談しながら決定し、できる限り早期退院を目指しています。
その他、肺炎などの呼吸器感染症や間質性肺炎の診断・治療にも積極的に取り組んでおり、必要に応じて入院治療を行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 手術あり(血管塞栓術等) 特別な処置なし 169 12.3 12.0 1.2 74.1 アンギオ(上肢用)
アンギオ(下肢用)
060295xx99x0xx 慢性C型肝炎 手術なし 特別な処置等なし 111 5.4 9.7 0.9 67.2
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術あり(ENBD等) 特別な処置等なし 106 10.4 10.9 5.7 76.0 ERCP
当科では、肝がんの治療は肝センターとして内科、外科、放射線科による合同カンファレンスを経て個別的かつ集学的に行っています。また局所治療(ラジオ波焼灼療法)は、造影超音波検査、仮想超音波検査、Fusion技術等を駆使し治療戦略を立てています。原因となるB型、C型慢性肝炎や脂肪性肝炎等に対する抗ウイルス療法や栄養指導にも積極的に取り組んでいます。肝硬変に対しても腹水制御や脳症の治療、静脈瘤結紮術・硬化療法に多くの実績を上げています。
食道、胃、小腸、大腸におけるポリープや早期癌に対しては最新の高解像度診断装置を用いて診断を行い、積極的に内視鏡的な治療をおこなっています。
胆膵領域では超音波内視鏡や内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)を行い、さまざまな胆道疾患(総胆管結石、胆道癌、硬化性胆管炎等)や膵臓疾患(膵管癌、膵嚢胞性疾患、慢性膵炎等)の診断や治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 特別な処置あり(心臓カテーテル法による諸検査) 133 3.1 3.1 0 71.7 心臓カテーテル検査(足)
心臓カテーテル(手)
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術あり(経皮的冠動脈ステント留置術等) 特別な処理なし 67 5.1 4.9 1.5 71.9
050130xx99000x 心不全 手術なし 特別な処置等なし 41 17.0 18.3 2.4 81.7
当科では、虚血性心疾患、高血圧、不整脈、心不全などの診療を中心に行っております。
検査入院はなるべく短期間で行い、治療入院は年齢、合併症などに応じて、安全に行えるように努めております。
心不全の治療においては、リハビリテーション、栄養指導など積極的に多職種での治療介入を行っております。
永久ペースメーカー植え込みについても、適応ある場合には患者様と相談のうえ、年齢、合併症を検討しながら、積極的に行っております。
また、睡眠時無呼吸症候群の検査・治療を積極的に行っております。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 特別な処置等なし 89 11.3 18.2 0 62.0
070470xx99x5xx 関節リウマチ 手術なし 化学療法あり(トシリズマブ・アバタセプト) 30 7.9 6.7 0 71.5
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 化学療法あり(インフリキシマブ) 20 2.8 2.9 0 54.3 レミケード治療(2日間)
レミケード治療(3日間)
当科に入院されるのは、リウマチ・膠原病に対する検査や治療が必要な方が中心です。
リウマチ・膠原病は様々な臓器に障害を起こすことが多いため、入院して全身の臓器の詳しい検査を行ったり、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤、あるいは生物学的製剤などによる治療を行ったりします。また、リウマチ・膠原病に対する治療中に肺炎などの感染症を合併した場合にも入院して治療を行います。
当科では、総合病院である利点を生かし、リウマチ・膠原病で臓器障害や合併症を起こした場合にも、その臓器の診療が専門の医師と連携を取りながら適切に治療できる体制を整えています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 輸血あり 化学療法あり 56 44.2 43.6 1.8 7.3
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重 手術なし 特別な処置等なし 36 7.7 6.2 0 0
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 手術なし 特別な処置等なし 34 5.3 5.7 2.9 2.9
当科では血液腫瘍性疾患の治療を中心に行っています。具体的には小児白血病、小児悪性リンパ腫などです。難治性の場合は骨髄移植などの造血細胞移植を行います。
広島県下で2施設のみである日本小児血液・がん専門医研修施設に認定されており、前述の疾患は倫理委員会の承認を得た全国統一治療に基づき治療を行っています。これにより入院期間の適正化も図られています。
また抗がん剤治療に伴う大きな合併症が感染症であることからも、感染症に対して迅速かつ的確な治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり(胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術) 67 9.6 13.0 0 68.5 肺切除術
060050xx02x1xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 手術あり(肝切除等) 特別な処置あり(中心静脈注射) 47 14.1 21.1 2.1 71.2 肝臓切除術
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術あり(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 特別な処置等なし 44 7.4 6.8 2.3 63.3 乳房切除術
当科の入院症例の大半は手術・治療目的の入院であり、肺癌、肝癌、胃癌、大腸癌、乳癌の5大癌の手術症例が中心になっております。
消化器癌の中でも食道癌や膵臓癌など、難易度の高い手術も数多く手がけています。また、当院では臨床腫瘍科がないため、消化器癌や肺癌の化学療法も当科が担っています。
その他、胆嚢、ヘルニア、虫垂炎や動脈・静脈を含めた血管外科などの良性疾患も数多く手がけております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 142 26.8 28.7 86.6 83.1 人工骨頭置換術
γネイル術
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 73 20.5 21.5 68.5 79.4
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術あり(椎間板摘出術) 46 15.0 17.6 10.9 59.7 後方除圧術
当科では、大腿骨近位部骨折を始めとする外傷性疾患を積極的に受け入れています。一方、関節疾患や脊椎疾患などの変性疾患にも幅広く対応し、理学療法・作業療法を治療の早期から開始する事で、患者さんの機能をより良く改善するように努力しています。
限られた入院期間の中で治療を行い、ご自宅へ戻る事を目標にしていますが、さらに入院を必要とされる患者さんについては、担当職員による転院調整を行い、スムースな転院・リハビリの継続が可能となるように心がけています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞 手術なし 特別な処置 54 16.4 18.1 44.4 71.6
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術あり(慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術) 特別な処置等なし 18 11.0 10.0 11.1 69.6 慢性硬膜下血腫(穿孔洗浄・酸素置換術)
160100xx99xx00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 特別な処置等なし 15 8.2 7.5 6.7 65.5
当科では、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)や頭部外傷などの診療を中心に行っています。また、救急症例にいつでも対応できるよう日常診療の体制を整えています。
脳卒中の急性期治療として、脳梗塞のt-PA静注や、くも膜下出血の原因の脳動脈瘤の手術も早期に行っています。
外傷に対しても速やかに手術を含めた緊急治療を施行し、早期よりリハビリテーションを開始しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 66 3.8 5.1 0 61.3
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 47 9.4 5.3 0 69.7
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 47 26.3 20.9 10.6 31.2
婦人科では、卵巣癌や子宮癌などの悪性腫瘍の診療を中心に行っています。
手術療法、放射線療法や癌化学療法など的確な治療方針の決定と癌の種類や進行度に応じて治療法を効果的に組み合わせる集学的治療を行っています。良性疾患である子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症などでは、女性のライフステージに応じた治療を行っています。
また、骨粗鬆症やホルモン療法など女性ヘルスケアのみならず、女性に特有な心身に関わる疾患である「女性医学」にも積極的に取り組んでいます。
一方産科では、正常妊娠以外に切迫早産、妊娠高血圧症候群、子宮内胎児発育不良などの母児管理を中心に行っています。血液疾患、甲状腺、糖尿病、腎疾患などの合併症にも対応可能な体制を整えています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり(硝子体茎顕微鏡下離断術・網膜復位術等) 40 11.4 11.1 0 58.9
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり(硝子体茎顕微鏡下離断術+水晶体再建術) 特別な処置等なし 39 5.9 8.0 0 68.3
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり(硝子体茎顕微鏡下離断術等) 18 4.9 7.4 0 67.7
当科では、白内障や網膜疾患を中心に、主に手術を目的とした入院治療を行っています。
手術が必要な網膜疾患には、糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、黄斑円孔、網膜前膜などが含まれます。網膜疾患の手術(硝子体手術、網膜復位術)も増加しており、硝子体手術は、広角観察システムを利用し小切開硝子体手術を行っています。
入院日数はできるだけ短くし、早期退院できるよう努めています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 65 13.1 9.6 1.5 57.7 突発性難聴
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 手術あり(口蓋扁桃手術・アデノイド切除術等) 60 6.9 8.2 0 25.8 扁桃腺摘出術
130030xx97x00x 非ホジキンリンパ腫 手術あり(リンパ節摘出術等) 特別な処置等なし 54 2.1 9.2 0 65.4 頸部リンパ節生検
当科では突発性難聴、慢性副鼻腔炎、甲状腺腫瘍に対する診療を中心に行っています。
扁桃炎や副鼻腔炎の症例が多いのは他院と同様ですが、当院では高気圧酸素療法を目的とした突発性難聴の症例が多いことが特徴といえます。頭頸部癌では機能温存と根治性を考慮し化学放射線療法あるいは手術を選択しますが、手術では甲状腺癌に対する手術件数が多いことが当院の特徴の1つです。
近年、中耳炎の手術にも力を入れており、症例も増加傾向にあります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 特別な処置あり(SPECT・中心静脈注射等) 37 13.7 21.5 2.7 76.9
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 特別な処置等なし 33 15.2 19.0 9.1 72.6
010060x099030x 脳梗塞 手術なし 特別な処置等あり(エダラボン) 26 17.7 18.1 42.3 76.8
当科では、神経変性疾患を中心に診療を行っております。神経変性疾患とは、緩徐進行性に手足の動かしにくさや歩行困難、物忘れなどを認める疾患で、代表的なものとして、パーキンソン病やアルツハイマー型認知症などがあげられます。
当科では、MRIやSPECTなども用いて正確に診断し、病状にあわせ、QOL(生活の質)を考慮した治療を心がけております。
また、変性疾患以外にも、脳梗塞や末梢神経障害などの神経疾患に対しても、同様に考えております。精査・治療のための短期間の入院を含め、より高いレベルでの診療を行うように努力しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 24 8.4 9.0 4.2 74.7 帯状疱疹
080011xx99xxxx 急性膿皮症 12 11.1 12.0 8.3 67.8
080110xxxxx0xx 水疱症 - - - - -
当科では、主な入院治療として、帯状疱疹、蜂窩織炎等の感染症や自己免疫性水疱症、皮膚腫瘍、難治性潰瘍等を中心に行っています。
通常の帯状疱疹は外来での内服治療となりますが、顔面発症や悪性腫瘍治療中・ステロイド内服中等で免疫低下状態の患者さんには入院加療を行うこともあります。自己免疫性水疱症に対しては、ステロイドパルス・内服やγグロブリン大量点滴を行っています。
また、皮膚腫瘍や難治性潰瘍等に対する手術を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 手術あり(膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)等) 特別な処置等なし 47 9.4 7.6 0 77.3 TUR-Bt
110070xx02020x 膀胱腫瘍 手術あり(膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)等) 化学療法あり 37 8.2 8.0 0 73.7 TUR-Bt
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 手術あり(経尿道的前立腺手術) 31 11.2 10.3 0 74.3 経尿道的前立腺摘出術(TUR-P)
当科では小児泌尿器科以外の一般泌尿器科の診療を中心に行っています。入院症例のほとんどは手術の症例です。
最も多いものは膀胱がんに対して経尿道的手術を行った症例です。術直後に抗がん剤の膀胱注入する症例も多くあります。
前立腺肥大症に対して経尿道的手術を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 特別な処置等なし 84 12.8 13.6 8.4 72.4
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術あり(内シャント設置術) 特別な処置等なし 定義副傷病なし 44 6.5 9.7 2.3 70.7 シャント造設術
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 特別な処置あり(経皮的針生検術) 30 4.3 7.5 0 50.8 腎生検
当科では、蛋白尿・血尿にはじまる腎臓病の早期発見と治療、慢性期ならびに急性期の腎機能低下に対する治療、さらには透析導入ならびに導入後の管理などの診療を中心に行っています。
主な疾患としては、原発性糸球体疾患、尿細管間質性疾患、高血圧、糖尿病、膠原病、血液疾患や電解質・代謝異常に伴う全身性腎疾患、常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)、急性腎障害、慢性腎不全、血液透析、腹膜透析です。
入院患者600例/年、腎生検60例/年、透析導入60例/年、経皮的シャント拡張術・血栓除去術180例/年、内シャント設置術60例/年などの実績は、広島県内の総合病院ではトップクラスです。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 輸血あり 化学療法あり 217 34.1 43.6 0 64.6
130010xx97x00x 急性白血病 輸血あり 特別な処置等なし 150 5.0 14.8 0 71.8
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 輸血あり 化学療法あり 134 25.2 37.6 1.5 69.1
当科では白血病、悪性リンパ腫や多発性骨髄腫など、血液悪性疾患の診療を中心に行っています。血液・腫瘍治療センターとして血液外来化学療法に46床、入院では無菌室を52床など充実した設備で、年間に骨髄系腫瘍約240例、リンパ系腫瘍約280例の新患に対応しています。
当科の治療は、寛解導入時を除くと多くの患者が外来治療を中心とし、入院は顆粒球減少時無菌室入院など必要最小限にとどめています。入院期間の短縮はQOLの向上、患者のモチベーションの向上に寄与し、治療成績にも影響します。そのため、平日・休日の区別なく、外来・病棟スタッフが入退院に迅速に対応しています。また遠方の患者のために、当院研修センターの宿泊施設を開放し、ご利用いただいています。
内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 122 14.9 15.3 1.6 67.8 糖尿病合併症検査入院(4日間)
糖尿病合併症検査入院(5日間)
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 特別な処置等なし 11 7.5 6.5 0 65.4
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 10 19.0 14.3 0 59.0 糖尿病合併症検査入院(4日間)
糖尿病合併症検査入院(5日間)
当科では、糖尿病の治療と、甲状腺や副腎など内分泌疾患の診断と治療を中心に行っています。
当院は日本糖尿病学会ならびに日本内分泌学会の認定教育施設となっているため、血糖コントロールの不良や感染症などによる全身状態の悪化での糖尿病の紹介や入院が多く、副腎などの内分泌学的精査のための入院も行っています。
また、バセドウ病に対するアイソトープ治療(I-131内用療法)は最近では外来で行うケースが増えており、入院治療は減っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 47 - 12 10 - 43 1 7
大腸癌 46 25 31 60 - 37 1 7
乳癌 33 17 - - - - 1 7
肺癌 69 29 64 185 68 161 1 7
肝癌 29 51 39 17 19 195 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※患者数は延患者数です。同一患者さんが集計期間中に入退院を繰り返した場合、入院のたびにカウントされます。
※Stageが「不明」の項目には、癌の疑い症例も含まれています。
※患者数が10人未満の項目はハイフン(-)で示しています。

当院は、地域がん診療連携拠点病院であり、5大癌をはじめとする癌診療に積極的に取り組んでいます。
肺癌と肝癌の再発が他の癌と比較して多くなっていますが、これは患者数が延患者数であることに加えて、肺という臓器が血液を介して全身の臓器と密接につながっているため他の臓器に転移しやすいこと、また、肝癌が主に肝炎ウイルスへの感染に由来する慢性肝疾患から生じるため、再び癌を引き起こす確率が高いことなどに起因しています。
当院では、関係する診療科が密に連携し、それぞれの患者さんに適した治療法を提案しています。
詳細は、当院ホームページ「当院のがん治療>がんの診療内容、診療実績」をご覧ください。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 36 8.1 55.9
重症度 1 57 11.2 75.5
重症度 2 60 15.5 78.8
重症度 3 24 31.1 83.1
重症度 4 11 14.1 83.9
重症度 5 - - -
不明 0 - -
※患者数が10人未満の項目はハイフン(-)で示しています。

市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。
重症度分類は、A-DROPスコアを用いて集計しています。(誤嚥性肺炎・ウイルス性肺炎・インフルエンザ等は除外)
重症度0~2までの患者さんが全体の8割以上を占めています。重症度が高くなるにつれて平均年齢も高くなっていることから、高齢者の市中肺炎が特に重症化しやすいことがわかります。

【A-DROPスコア】
・男性70歳以上、女性:75歳以上
・BUN21mg/dL以上または脱水あり
・SpO2≦90%(PaO2≦60Torr)
・意識障害あり
・収縮期血圧90mmHg以下

→上記5項目のうち、該当する項目の数が重症度を表しています。
(例)75歳男性、脱水あり、収縮期血圧80mmHg・・・重症度3
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 12 6.9 72.8 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - 0 - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 113 18.9 75.0 51.3
その他 25 11.6 65.9 16.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 0 - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - 0 - - -
脳梗塞を病型別に分類して集計しています。
当院では、救急症例にいつでも対応できる体制を整えているため、発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計の7割以上を占めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術1 長径2センチメートル未満 321 0 1.1 0 67.0 大腸ポリペクトミー
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 166 2.1 9.2 0.6 74.3 内視鏡的硬化療法(EIS)
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 92 1.6 5.9 3.3 69.6 ERCP
当科では、消化管、胆膵領域、肝臓のさまざまな専門的な手術を行っています。大腸ポリープ・早期大腸癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、胃がんに対するESD、止血処置、イレウス管留置、胃瘻増設など多岐にわたって治療を行っています。
また、膵超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)を用いて膵腫瘍などの診断を行っています。
食道静脈瘤の破裂時には緊急内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)による止血を行い、待機時には内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)、その後のアルゴンプラズマ凝固(APC)による静脈瘤消失や再発抑制を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 62 2.4 4.4 4.8 71.5
K5972 ペースメーカー移植術 20 3.0 9.6 5.0 79.6 ペースメーカー植え込み術(新規)
K597-2 ペースメーカー交換術 20 0.7 9.5 0 84.4 ペースメーカー植え込み術(本体交換)
当科では、狭心症、急性心筋梗塞の患者さんにカテーテル治療を中心に行っております。急性心筋梗塞の治療についても、休日や夜間を問わず積極的に対応しております。
また、永久ペースメーカー植え込みについては、MRI対応型のペースメーカーを使用しております。ペースメーカー植え込み後の患者様には、定期的にペースメーカー外来を受診していただき、必要な時にペースメーカーの本体交換を行っています。いずれの手術症例も、入院日数をできる限り短くし早期退院に努めております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 67 1.6 4.5 3.0 63.5 腹腔鏡下胆嚢切除術
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 53 2.1 4.8 22.6 78.4
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 44 1.5 5.0 2.3 62.9 乳房切除術
当科では、5大癌(肺癌、肝癌、胃癌、大腸癌、乳癌)の手術を中心に扱っていますが、数的には血管外科手術(動脈・静脈)や腹腔鏡下胆嚢摘出術、などが多くなっています。
肺癌ではほぼ全例が鏡視下手術となっております。また肝癌を含め消化器癌手術でも一定の適応で腹腔鏡手術を導入しており、患者さんの手術後の疼痛の軽減と入院期間の短縮を心がけています。乳癌では可能な限り温存手術を心がけており、同時再建も施行しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 91 4.2 20.7 82.4 82.9 大腿骨頸部骨折(人工骨頭置換術)
γネイル術
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)(椎弓形成) 53 3.2 15.9 35.8 71.2 頸椎椎弓形成術
K0811 人工骨頭挿入術(股) 50 5.6 21.3 94.0 83.7 人工股関節全置換術
当科の入院患者さんの9割以上が手術を目的として入院されます。外傷性疾患に対して、可及的早期に手術を行う様に努力を続けていますが、スケジュール上、数日お待たせする場合もあります。大腿骨近位部骨折など、合併症の多い高齢の患者さんでも比較的安全に手術を行えるのは総合病院の強みだと考えています。また、関節疾患・脊椎疾患も数多く手術を行っており、術後のリハビリを早期から積極的に行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 2.1 7.0 9.1 72.6 慢性硬膜下血腫(穿孔洗浄・酸素置換術)
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 - - - - -
当科では、微小血管減圧術や脳血管内手術などの手術を中心に行っています。三叉神経痛や顔面痙攣を代表とする機能脳神経外科の分野では、積極的に微小血管減圧術を施行しています。脳動脈瘤や頸動脈狭窄病変などの手術では、進歩のめざましい血管内治療を積極的に導入しています。
また、脳腫瘍は手術を中心に、放射線や化学療法を加え、総合的に治療を進めています。慢性硬膜下血腫に対しては穿刺のみの低侵襲手術を主に施行しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 27 1.0 3.9 0 39.6 婦人科開腹手術
K8982 帝王切開術(選択的帝王切開) 24 8.1 6.9 0 34.8 帝王切開術
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 20 2.8 6.9 0 31.9 帝王切開術
婦人科では、卵巣腫瘍や子宮筋腫などの良性疾患に対し、腹腔鏡下手術を中心に積極的に行っています。子宮頚癌の初期や前癌病変に対しても、適切に子宮腟部円錐切除を行い、進行子宮癌や卵巣癌に対しての悪性腫瘍手術もガイドラインに準じ行っています。また、高齢化に伴い子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤などの骨盤臓器脱も増加傾向にあり、保存的治療(ペッサリー)や手術療法(子宮脱手術)を行っています。
一方産科では、選択的帝王切開術や緊急帝王切開術、頚管縫縮術や腫瘍摘出術などを中心に行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 450 0.1 1.4 0 73.8 白内障手術(片眼)(前日入院)
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 92 0.9 6.3 0 65.1
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 22 0.5 5.1 0 63.0
当科では、白内障手術を中心に行い、希望により外来または入院で行っています。白内障手術の入院は1泊もしくは2泊の短期入院としています。
全身疾患があり入院での手術を希望される方も多く、該当科との協力により安全に手術を行えるよう心がけています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 60 1.0 5.1 0 26.3 扁桃摘出術
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) 54 0.1 1.0 0 64.6 頚部リンパ節生検
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 41 1.0 4.3 2.4 50.0 慢性副鼻腔炎(全身麻酔)
慢性副鼻腔炎(局所麻酔)
当科では慢性副鼻腔炎、甲状腺腫瘍に対する手術を中心に行っています。
鼻の手術は主に鼻内視鏡手術で行い、換気と排泄の改善を目的に、必要に応じて副鼻腔だけでなく、鼻中隔矯正術や下鼻甲介骨切除術も併用します。症例数の多い甲状腺癌の手術では、病巣が一側に限局している場合には原則として、患側葉切除、患側気管周囲リンパ節廓清を行い、反回神経を温存する方針です。真珠腫性中耳炎など難治性の中耳炎には鼓室形成術、そうでないものには鼓膜形成術(接着法)を行っています。鼓膜形成術(接着法)は通常2泊3日の入院、場合によっては日帰り手術も可能です。顔面神経麻痺には顔面神経減荷術(経乳突洞法)も適応基準に従って行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上、12cm未満) - - - - -
K013-23 全層植皮術(100平方cm以上、200平方cm未満) - - - - -
※患者数が10人未満の項目はハイフン(-)で示しています。

外来手術では対応困難な症例となります。皮膚良性腫瘍では、比較的大きい腫瘍や当日経過観察が必要と思われるものなど入院加療を必要とする症例です。皮膚悪性腫瘍に対しては腫瘍切除と植皮や皮弁作成を行うこともあります。
また、難治性潰瘍や壊死性筋膜炎等に対する創傷処理や植皮も行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術) 84 1.8 6.4 0 75.4
K8412 経尿道的前立腺手術 38 1.9 8.4 0 73.9
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 27 2.3 4.8 14.8 79.0
当科では、泌尿器科の悪性腫瘍の手術を中心に行っています。最も多いのは、膀胱がんに対する経尿道的手術です。
経尿道的尿管ステント留置術は感染をともなう尿路結石症例などに行われています。
前立腺肥大症に対する経尿道的手術は、通常の電気メスを用いた経尿道的前立腺切除術を行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 202 2.1 1.1 2.0 72.6
K610-3 内シャント設置術 57 5.8 7.8 7.0 70.7
K6146 血管移植術、バイパス移植術 - - - - -
※患者数が10人未満の項目はハイフン(-)で示しています。

当科では、経皮的シャント拡張術・血栓除去術や内シャント設置術などの手術を中心に行っています。
①経皮的シャント拡張術・血栓除去術(180例/年)
→バスキュラーアクセス(シャント)の機能不全に対して、カテーテルと呼ばれる細い管を血管に挿入し、狭窄部あるいは閉塞部を再開通させる治療です。
②内シャント設置術(60例/年)
→血液透析は大量の血液を機械に供給し血液を浄化する治療法です。透析専用の針が刺しやすく止血しやすい血流豊富な血管の作製を行います。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 26 6.6 2.9 0 63.2
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) 10 3.9 26.6 0 78.9
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
当科では、難治性再発悪性リンパ腫や移植適応多発性骨髄腫患者に、自家造血幹細胞移植を年間20~30例行っています。
自家造血幹細胞移植で再発難治の悪性リンパ腫の約半数に長期生存が得られます。また、移植適応骨髄腫患者の生存率も向上し、5年生存率は70%以上になります。同種造血幹細胞移植は、再発難治の急性白血病や骨髄異形成症候群を中心に年間40~50例、累計で1,000例以上行っています。
また、当院は骨髄バンクの骨髄および末梢血幹細胞採取施設、非血縁者間移植施設であり、臍帯血移植施設でもあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 11 0.09
異なる 17 0.14
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 16 0.13
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 0.17
異なる - -
※患者数が10人未満の項目はハイフン(-)で示しています。

医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべき病名について、入院契機となった病名との同一性の有無を区別して、患者数と発生率を示しています。
手術・処置等の合併症についても一定の割合で起こり得る病態ですが、発生率は低く抑えることができています。
当院で平成27年度に発生した合併症には、手術後の創部感染や眼内レンズの脱臼、人工股関節の脱臼などがありました。
更新履歴
2016/9/29
平成27年度 広島赤十字・原爆病院 病院指標 初回更新