上殿小学校の「山ゆり訪問」& 全日空「すずらんとしおりの贈呈」

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

みなさんこんにちは。

昨日は慰問が2件あり報道陣の方も多数来られました。それぞれご紹介したいと思います。

?

まずは、安芸太田町上殿小学校5・6年生による「山ゆり訪問」です。

「山ゆり訪問」は、昭和26年、上殿小学校の児童が自分たちの身近な草花を持って、被爆患者さんをお見舞いしたことから始まりました。今年で63回目になります。

?

子供たちは、歌やリコーダーの演奏を上手に披露し、平和を願い作成した文集や折鶴を患者さんに贈りました。

また、前の日にフラワーアレンジメントした山ゆりを患者さんひとりひとりに手渡し、握手や会話をして交流しました。

?

次に、全日空広島支店からすずらん2鉢とすずらんのしおり300枚が贈呈されました。

すずらんには「しあわせ」「幸福の再来」などの花言葉があるそうです。

このすずらんのしおりは、患者さんの一日でも早い回復を祈って全日空の社員の方が作成しており、今年はアイドルグループAKB48のメンバーもしおりの作成に参加したそうです。

?

当日は、全日空広島支店の客室乗務員のお二人から、入院患者さんひとりひとりに声をかけながらすずらんのしおりが手渡されました。