人間ドック健診説明会を開催しました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

平成25年11月22日(金) 37社38人の人間ドック担当のかたにおこしいただき人間ドック健診説明会を開催しました。

開催日時 平成25年11月28日15時~16時50分
出席者  37社(健康保険組合)38人 人間ドック・福利厚生担当のかた
当院 石田院長、金岡事務部長、松本健診部長 他7人

議題
1 人間ドック健診報告
2 講演「当院健康管理センターの現状について~2012年発見癌について~」 健診部長 松本能里

3 講演「生活習慣とがん~5大がん(肺・胃・大腸・肝・乳)~」 院長 石田照佳

4 平成26年度人間ドック健診予約について

16時30分で説明会終了の予定でございましたが、20分以上の遅れとなり出席いただいたみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

講演については多くの方から「参考となった」「社員の健康管理に役立てる」といったお言葉をいただきました。
今後も当健康管理センターは、病院と併設した健診機関のメリットを生かし、広島の地域医療に貢献したいと考えています。

なお、人間ドック健診説明会でお配りしました資料を以下一部抜粋しております。

●「2012年における発見癌について」 健診部長 松本能里

当院では2日ドックや1日ドック、協会健保健診、(総合1)を癌検診として実施しており、2012年は7148名の方にご利用いただきました。

そのうち、84例の癌が発見され、発見率は1.18%でした。

各企業や健康保険組合の皆様には、ドックでどのような癌がどのような検査や経緯で発見されたかを知ることで、より多くの人々の今後の健診や精査の勧めの参考にしていただければと思います。

●「生活習慣とがんの関連性について」 院長 石田照佳

生活習慣病を原因とする死亡は悪性新生物(がん)や心疾患(狭心症、心筋梗塞)、脳血管障害(脳卒中)など現代日本人の死因の1/3を占め、死因のトップとなっています。

当院健康管理センターでは、より精度が高い検査方法を用いて、がん検診を急性期総合病院と同じ診断レベルで実施しており、高い発見率をあげています。