病院食レシピ♪~クラムチャウダー風~

カテゴリー: 当院の病院食レシピ♪ パーマリンク

 まだまだ寒い季節が続きますね?
 冬が旬の野菜の代表と言えば白菜ですね。すき焼きや水炊きと大活躍しますが、冷蔵庫に残った白菜を使って、身体が温まるのにピッタリのスープを今日は紹介します。

 白菜の旬は11月下旬から2月ごろの晩秋から冬にかけてで、霜にあたると繊維が軟らかくなり風味も増します。また、葉の糖分も増えて美味しくなります。白菜は95%か水分で栄養価が低いように見られがちです。しかし、加熱することで随分カサが減るのでたくさん食べることが出来ます。
 今回のスープも100gの白菜を食べることが出来るので食物繊維が1.3g含まれています。これは、切り干し大根を小鉢1つ分食べるのとほとんど同じ量の食物繊維が含まれています。

↓↓レシピをクリックするとPDFで開きます。↓↓

★美味しい白菜の選び方★
・外側の葉がいきいきとした緑で重みがあり、切り口が白くみずみずしいもの
 ※カットの白菜は、芯のあたりが盛り上がっているものは鮮度が落ちています。
・葉が隙間なくつまり、スカスカしていないもの

調理・栄養:管理栄養士 谷岡 沙紀
         調理師    橋本 智聡 
参考資料:からだにおいしい野菜の便利帳