赤十字病院間で診療支援!!

カテゴリー: その他 パーマリンク

平成28年8月~11月の4ヶ月間、北海道常呂郡にある置戸赤十字病院に診療支援として当院の医師を派遣しました。

置戸町は北海道北見市の西側に位置し、人口約3千人という小さな町ですが、置戸赤十字病院は町内唯一の病院として、非常に大きな役割を担っています。

その病院において内科の医師が不足している状態であったため、日本赤十字社は全国赤十字病院ネットワークを利用し、県境を越えた支援体制をとりました。

当院からは消化器内科の医師8名を順次派遣して地域の皆様の診療にあたり、この度、その功績を称え、感謝状が授与されました。

岡信Dr2

派遣者を代表して感謝状を手にする
第一消化器内科部長の岡信医師

これからも広島県はもとより、赤十字病院のネットワークを活かして、全国どこでも安心・安全な医療を提供できるよう取り組みます。