第12回ホタル観賞会

カテゴリー: 行事 パーマリンク

平成29年6月6日(火)の夜、東広島市でホタルの飼育をされている西原隆雄さんが、ホタル約200匹を連れて当院に来てくださいました。

この観賞会は、ホタルが成虫になる梅雨前に毎年開催しており、今回で12回目を迎えました。

水槽や虫かごに入れられたホタルは、まるで夜空の星のようにきらめいていて、会場にいたみんながその光に癒されました。

また、初めてホタルを見た子どもたちは、虫かごを握りしめ「きれいだね」と言いながら、夢中で覗き込んでいました。

ホタルは成虫になると10日間ほどしか生きられないため、1年のうち、この時期にしかその光を見ることができません。「昔はよくいたけど、今は水がきれいな場所じゃないと見れないね」と話す患者さんもいらっしゃいました。
はかないからこそ、より一層ホタルの光は輝いて見えるのかもしれません。

西原さん、素敵な光と癒しをありがとうございました。