~職員コラム~ 日本糖尿病療養指導士に認定されました

カテゴリー: 職員コラム パーマリンク

みなさんこんにちは。リハビリテーション科です。

みなさんは“日本糖尿病療養指導士”という資格をご存知でしょうか。

この資格は、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を持ち、日本糖尿病療養指導士認定機構が行う試験に合格した看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士に与えられます。

各職種の専門性を活かしながら糖尿病治療に最も大切な自己管理(療養)を指導し、患者さん一人一人に合った糖尿病セルフケアを支援します。

そして今年の試験に、当院の理学療法士である田邉真海が合格し、日本糖尿病療養指導士に認定されました。

理学療法士としては当院でも初の認定であり、これで全職種の有資格者が在籍している数少ない病院のひとつになることができました。

今回認定された田邉理学療法士が今後の診療に向けて意気込みを語ってくれました。

「無事合格してほっとしています。今後は理学療法士としての専門性を活かして、糖尿病治療における運動について患者さんの療養指導に携わっていきたいです。糖尿病は日本だけでなく世界的にも増加傾向であり、重症化すると人工透析や失明、足の切断にも至ってしまう恐ろしい病気です。しかし糖尿病になってからの適切な療養によって重症化を防ぐことができます。当院では日本糖尿病療養指導士の資格を持った各職種の職員が正しい知識と方法で糖尿病治療に取り組んでいます。これからも日々研鑽を積みながら患者さんをサポートしていきたいです。」

DSCN0829.  DSCN0832.