広島県臨床工学技士会学術大会の大会長を務めました!

カテゴリー: その他 パーマリンク

平成29年5月28日(日)、広島国際会議場にて「第9回広島県臨床工学技士会学術大会」が開催されました。

今回、当院の臨床工学士である今田寛人 が、広島県臨床工学技士会から大会長を任命され、企画・準備・運営を行いましたので紹介します。

 

【本人からのコメント】
今回大会長を務めるにあたり、私の中で目標を3つ定めました。
「一般演題30演題以上」、「参加人数300人」、そして「日赤をアピールする」です。

結果として、演題は34演題、参加者は323名と目標はクリアでき、当院から2講演、3演題を発表し、大いにアピールできたのではないかと思います。

2025年問題をはじめ、今、病院を取り巻く環境が大きく変わろうとしています。
私たち臨床工学技士は流れに身を任せるのではなく、時代を先読みしていかなければならないと考えます。

今後も引き続き、患者さんのため、病院のため、地域医療のために私たち臨床工学技士に何ができるのか、何をしなければならないのか、「役割を追求」していきたいと思います。