~医療の知恵~「変形性膝関節症について」

カテゴリー: ~医療の知恵~ パーマリンク

日本では、約 2500〜3000万人の患者さんが変形性膝関節症に罹患していると言われています。高齢の女性に多く、O脚となり膝の内側に痛みを起こすのが日本人では典型的です。膝の動きが悪くなり、痛みが強くなると長く歩けない、階段昇降が困難になる、など日常生活に支障を来たします。変形が高度になると人工関節などの手術が必要となります。手術を受けて術後のリハビリを頑張れば、膝の痛みが楽になり生活の質も向上します。

左膝術前

左膝術前

人工関節置換術後

人工関節置換術後

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え、手術はなるだけ避けたいものです。そこで、将来手術が必要となる確率を下げる可能性のあるいくつかの治療方法を、ご自分でも出来る方法を含めてご紹介します。

軽症の変形性膝関節症であれば大腿四頭筋の筋力強化だけでも痛みを軽くする事ができます。また何とかして体重を3〜5kg落とすと、それだけで痛みは軽くなりますし関節症の進行を遅らせる事が出来ます。痛いのにウオーキングは無理という方であれば、プールに通い水中歩行を定期的に行う事は理想的な運動です。食事のカロリーも気にしながら、無駄な間食は勿論慎む必要があるでしょう。

太ももを鍛える筋肉トレーニング

中等度の変形性膝関節症になってくると、軟骨成分のヒアルロン酸の関節内注射や、O脚であれば足底板という靴の中敷きを作る治療法があります。また痛み止めや湿布など外用剤も最近では色々な種類の中から選べるように変わってきています。

膝の痛みでお悩みの方は、是非 整形外科へご相談下さい。

副院長(整形外科) 有馬 準一