~職員コラム~どうして輸血部が必要なの?

カテゴリー: 職員コラム パーマリンク

今回は輸血部の業務についてご紹介します。

病気や治療によって十分に血液をつくる事ができなくなったり、事故や手術などで大量に出血したときには、全身に酸素の供給ができなくなったり、出血が止まらなくなったりすることで生命を維持する事ができなくなります。このような状態を改善するために足らなくなった血液成分(赤血球・血小板・凝固因子)を補充するのが輸血です。

当院では、患者さんに合った血液を選択するために次のような検査をしています。

① 血液型検査

ABO血液型とRh血液型検査を行っています。特にABO血液型は同じ血液型を輸血しないと場合によっては、死に至ることもあるため非常に大切な検査です。

② 不規則抗体検査

妊娠や輸血などにより、自分とは異なる血液が身体の中に入ると、その血液に反応する抗体がつくられることがあり、これを不規則抗体と呼びます。

不規則抗体があると、輸血で副作用が起こることがあるため、不規則抗体の有無を事前に検査します。

③ 交差適合試験

血液型検査と不規則抗体検査を行った後、患者さんの血液と輸血に使う血液製剤が適合するかを判断する最後の検査です。

④ 感染症に関する検査

輸血による感染症が疑われたときのために、輸血前にあらかじめ感染症の検査を行ったり、後で確認のための検査ができるように患者さんの血液を保存しています。

当院の輸血部ではこのような検査を行うことで、安全な血液製剤を患者さんのもとへ届けています。

 

輸血部