~認定看護師のご紹介~

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

平成29年、新たに3名の看護師が認定看護師に合格しました!

認定看護師とは、日本看護協会の審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた看護師です。

それぞれの専門領域において、高い知識と技術を用いて、患者さんのケアに携わっています。
1

~以下、合格者からのコメントです~

認定看護管理者 森山 薫(もりやま かおる)
このたび、当院で4人目となる認定看護管理者の認定審査に合格しました。現在、看護師の教育担当と訪問看護の管理者を担っています。まずは「人」を大切にする。そして「ケアする力」においては、患者さんやご家族の「意思決定」と「力を引き出す」看護の提供と、患者さんが住み慣れた地域で暮らす為の支援ができる看護師の育成をしていきたいと思います。そして看護師が笑顔でやりがいを持ちながら、働き続けることができる環境づくりに取り組んでいきたいと思います。

感染管理認定看護師 山本 浩之(やまもと ひろゆき)
このたび、試験に無事合格し、感染管理認定看護師になることができました。感染管理認定看護師は、患者さんやそのご家族はもちろん、面会者や職員など全ての人を感染から守るための活動を行います。主な活動内容としては、医師、薬剤師、臨床検査技師などの多職種からなる感染対策チームと協働し、①医療関連感染の発生の監視、②予防と対応、③職業感染対策、④職員への感染対策教育、⑤病院環境の整備、⑥アウトブレイク対策などを行います。しかし、感染対策は一人ではできません。感染対策の重要性を職員ひとりひとりが理解し、病院全体で取り組むことが出来る感染対策を目指して日々活動していきたいと考えています。

緩和ケア認定看護師 見森 恵美(みもり えみ)
このたび、緩和ケア認定看護師に無事になることができました。
緩和ケアとは、「患者さんやご家族一人一人の身体や心の辛さをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア」で、病気になった時から受けることができるケアです。様々な患者さんやご家族と看護を通して関わる中で、よりその方らしい生活を送るための支援ができたらと思い、この資格の取得を目指しました。
当院では、緩和ケアチームやがん相談室、がんサロンなどもあります。病を抱えるなかでの身体や心の辛さ、生活の心配事や気がかりな事などに寄り添い、多職種と連携しながら皆さんのサポートをさせて頂きたいと思います。