がんサロン「相続について」を開催

カテゴリー: その他 パーマリンク

平成29年9月20日(水)、がんサロン「相続について」を開催しました。

「幸せな相続のために知っておきたいこと」として、行政書士の先生をお迎えしてお話を聞きました。                                                        「相続」や「遺言」については、一度は聞いておきたい内容ではないでしょうか。

仏教用語で「相」というのは「すがた」、存在そのもののこと言い、「続」というのは、続いていくという意味だそうです。

「相続」とは、単に財産の継承ではなく、「認識されたすがたや想いを次につなげる」という意味であることを知りました。

また、今回は家系図を書きながら「私の法定相続人」を参加者一人一人が確認しました。そして、「相続の手続き」で大切なポイントは①正しい知識、②コミュニケーション、③思いやりという事でした。

正しい知識をもち、そして日ごろから家族内で「●●土地は長男に、△△マンションは次男に」といったように家族内のコミュニケーションを図りながら、先祖の教えや想いも同時に受け継ぎ、後世へ残していく、そんな「相続」が理想なのではないでしょうか。

IMG_2108