JMECC(内科救急・ICLS講習会)を実施しました。

カテゴリー: その他, 研修 パーマリンク

平成29年10月7日(土)、JMECC広島赤十字・原爆病院コースを開催しました。

JMECC(内科救急・ICLS講習会)とは、救急医療への社会的要請が高まっている実情を踏まえ、内科医が、心停止時のみならず、緊急を要する急病患者に対応できるよう、日本救急医学会策定の「ICLS」を基礎に、日本内科学会独自の「内科救急」をプログラムに導入した講習会です。

受講者は当院内科医師6名、指導者はディレクター(開催責任者)の名古屋第一赤十字病院 花木芳洋先生、ブース長(※)の名古屋第二赤十字病院 横江正道先生、そして、当院のインストラクターおよびアシスタントインストラクターでした。

座学と実際の救急現場を想定しながらの実習を交えて、長時間の講習を全員修了しました。

(※)インストラクターを統括し、受講者の学習の質を保証する責任を担い、時間進行管理、学習環境への配慮、経験の少ないインストラクターへのサポート、育成を行う。

DSCN7292   DSCN7318

講習の様子