~職員コラム~「社会課」って、どんな仕事をするの?

カテゴリー: 職員コラム パーマリンク

今回の職員コラムは社会課です。

「社会課」というセクションは、聞き慣れない言葉だと思います。病院組織の一つとして、どういう仕事をしてるか、イメージが湧いてこないと思います。そんな社会課の業務をご紹介します。

当院の社会課では、災害時のDMAT・救護班、国際救援要員の養成・派遣、赤十字が行う救急法などの赤十字講習会、海外たすけあい募金などの事務、病院ボランティアの受け入れや患者サービス向上のための院内コンサートなどの企画を行っています。

DSC_3669  DSC_4985

救護班                                           院内コンサートの様子

特に被ばく者医療にも注力しており、放射線被曝者医療国際協力推進協議会(HICARE)が行う海外からの医師研修受け入れ、在外被爆者健診への医師派遣、被爆入院患者さんへの慰問、現存する被爆建物を活用した平和学習など、幅広い業務があります。これらは被爆者医療を担ってきた当院の使命と考えています。

 

直接的に医療に関わる仕事ではありませんが、病院を訪れる患者さんや地域住民の方々に少しでも安らぎや親しみを持っていただけるよう、努力しています。

これからも社会課をよろしくお願いします。