広島地方裁判所の判事の方々が当院を見学しました

カテゴリー: その他 パーマリンク

平成29年10月31日(火)、広島地方裁判所判事や弁護士など計13名を迎えて病院見学等を実施しました。

初めに、薬剤部の樫本副部長より「医薬品安全管理‐医薬品・情報管理‐事故・事件から学ぶ」と題して向精神薬や毒薬等の管理方法、規格や名称が類似した薬剤の取り違い防止の工夫、昨今の医療機関での事件・事故を受けての当院への影響などを説明しました。
続いて、院内感染対策委員長である松田副院長より「当院の院内感染対策」と題して感染症対策についての説明をしました。
その後、産婦人科病棟や救急外来、ICU、内視鏡センターなど院内をラウンドし、実際の医療現場の実情をご覧いただきました。

今回の病院見学等は、医療機関と法曹との相互理解を目的として広島医療訴訟連絡協議会で実施している相互理解プログラムの一つである病院提供プログラムにより開催したものです。

⑤