~医療の知恵~「腰部脊柱管狭窄症」

カテゴリー: ~医療の知恵~ パーマリンク

日本では約250~500万人の患者さんが腰部脊柱管狭窄症に罹患していると言われています。背骨の中に脊柱管という空間があり、そこには手足を動かしたり,触覚や痛みを伝える神経が走っています。
50歳くらいから、背骨に変形が起こることで脊柱管が狭くなり、中を走る神経が圧迫を受けるようになります。
腰にある脊柱管が狭くなった結果、下肢に痛みやしびれなどのいろいろな症状を来した状態が腰部脊柱管狭窄症です。
特徴的な症状としては、腰から脚にかけてのしびれや痛みで、長時間立ったり歩いたりするとしびれが出て、前屈みになって休むとしびれがなくなる間歇性跛行があります。
症状には波があり、自然経過で良くなることもありますが、悪くなることもあります。

治療は、困っている症状を緩和することが主目的となります。
大きく分けて、薬物療法、神経ブロック、手術療法などがあり、治療によりQOL(生活の質)を上げることが出来ます。症状がひどく、膀胱機能の障害、会陰部のしびれ、筋力低下ひどい場合などは神経機能の回復のため早期の手術が必要です。

手術は患者さんの負担を減らすため、顕微鏡や内視鏡を用いた低侵襲の手術方法などが行われています。薬や手術のことは専門家でないとわからない部分があるので、お悩みの方は是非整形外科へご相談下さい。

脊椎内視鏡.001

第二整形外科部長 土井 俊郎