平成29年度日本赤十字社原子力災害対応基礎研修会に参加しました!

カテゴリー: その他, 研修 パーマリンク

平成30年1月24日(水)、25日(木)に松江赤十字病院で開催された「平成29年度日本赤十字社原子力災害対応基礎研修会」に、当院救護班要員等が参加しました。

研修会では、放射線に対する基本的な知識や、国の原子力災害対策における枠組み、放射線環境下において救護活動を行うための安全管理等について学びました。

赤十字救護班要員の多くは放射線の専門家ではありませんが、このような研修を通して必要な知識・技術を習得し、原子力災害においても被災者に対して必要な支援を行えるように努めています。

写真加工用

また、当院は日本赤十字社の緊急被ばく医療指定機関等のひとつであり、原子力災害において救護班の安全確保のための助言等を行う「緊急被ばく医療アドバイザー」に加世田俊一副院長と山根健二CT・MR課長が任命されています。今回の研修会では、講師として2人も参加しました。

写真加工用2