~職員コラム~「ホッとできる環境を」

カテゴリー: 職員コラム パーマリンク

今回の職員コラムは南棟8階 看護師です。

南棟8階は、血液内科病棟で38床(一般病室と無菌室各19床)の入院ベッドを有しています。
当病棟は、血液疾患の治療の患者さんが主となる入院で、身体的にも精神的にも苦痛を伴う治療を、みなさん頑張られています。

そのような患者さんに対して、ご家族や医師・看護師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士など、多職種のメンバーでチームを組み、患者さんが治療を少しでも良い状態で受け続けることができるよう、日々情報共有や話し合いを行っています。
そして、日々の医療や看護に繋げることができるよう努めています。

時に、長期にわたる入院を余儀なくされる患者さんもいらっしゃいます。
そのような方たちにも季節を感じていただくために、12月には1年目の新人看護師が中心となって、クリスマスカードを作り南棟8階へ入院している患者さん全員へ配布したり、クリスマスツリーを飾ったりしました。
人の行き来が少なくなった消灯前に部屋を出て見る患者さんや、ツリーの飾りの☆を作ってくださったり、写真を撮ったりと、いろんな楽しみ方をしている姿を見ることができ、病棟職員は嬉しかったです。

これからも、少しでも患者さんが「ホッとできる環境」を提供できたらと考えています。

当病棟は、個室が多く、室外に出ることができないなど、生活に制限があります。
季節を感じたり、院外の環境と離れすぎない気持ちになれるよう日々、それぞれの患者さんにあった環境をチーム一丸となって考え、提供していきたいです。

さあ、次はなにを企画しようかしら・・・