~医療の知恵~「痛み止め」

カテゴリー: ~医療の知恵~ パーマリンク

皆さんは、痛み止めに対してどのようなイメージを持っていらっしゃいますか。

日々の診療の中では、「体に悪い」「できれば飲みたくない」など、あまり良くない印象を持たれている方が多いように感じています。
そもそも、「なぜ痛み止めが必要か?」→それは痛いからです。
では、「痛みの原因を治療すればそれでよいではないか?」→その通りです。
ところが、原因の治療はすぐにできるものばかりではありません。
例えば、胃潰瘍で胃に穴が開いたため激痛が生じたとします。手術で治りますが、それまでの間、痛み止めがあったほうが良いと思いませんか。
また、ある種の神経痛のように、痛みが強くても根本的な治療が難しい場合もあります。そのような場合にも痛み止めが必要です。強い痛みを我慢していると、血圧が上がるなど体に悪影響を及ぼすこともあります。

komatta_woman2痛み止めが処方された場合、皆さんはどうされますか?
少しだけ服用し、痛みが軽くなったら自己判断で止める人もあるようです。
痛み止めには「定期的に服用するもの」と「痛いときに頓服として飲むもの」の2種類があります。
処方箋に記載してある用法をきちんと守って使うことが大切です。痛みが軽くなってもしばらくは飲む方が良い場合もあります。
止めたい時には自分で判断せず、ぜひ担当医に相談なさってください。
お薬の効き方や副作用等を総合的に判断して次の手を考えていくのが我々医療者の仕事です。
そして頓服にも決まりがあります。1回○錠、とか、1日○回まで、など注意しておいてください。

また、痛み止めの作用でみると、「消炎鎮痛剤」「オピオイド」がよく使われています。
さらにその他の作用のものも組み合わせて用いますが、紙面の都合上今回は省略します。
(下の表をご参照ください)

たかが痛み止め、されど痛み止め。意外と奥深いものです。

図2

緩和ケア科部長 藤本 真弓