~医療の知恵~『AED』

カテゴリー: ~医療の知恵~ パーマリンク

AEDについて、みなさんはふだん、気にされることはあるでしょうか?

2004年7月より一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろん、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、ショッピングセンター、企業等、人が多く集まる公共の場所に主に設置されてきています。

AED(自動体外式除細動器)とは、A:Automated(自動化された) E:External(体外式の) D:Defibrillator(除細動器)です。

心臓がけいれんし、血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

日本では、救急車の到着まで平均約8.6分と言われています。
除細動までの時間が1分経過するごとに、生存率は約10%低下します。
心臓が血液を送らなくなると、3~4分以上で脳の回復が困難になると言われています。そのため救急車の到着を待つだけではなく、傷病者の近くにいる私たち一般市民(バイスタンダー)が、一刻も早くAEDを使用して電気ショックをできるだけ早く行うことが重要になります。

AEDは、操作方法を音声でガイドしてくれるため簡単に使用できますし、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。
一分一秒でも早く電気ショックを行うことが重要です。

当院にも外来や各病棟、玄関入り口付近に設置してあります。

もしもの時に救命処置を思い出せるよう、日頃からイメージしてみてはいかがでしょうか。

写真参考:日本救急医学会 市民のための心肺蘇生  http://aed.jaam.jp/about_aed.html

救急集中治療科部長  酒井 明彦