大雨災害 救護活動記録(10)

カテゴリー: その他 パーマリンク

7月31日(火)から呉市の避難所を中心に活動してきた救護班第3班が、地元医療機関に診療を引き継ぎ、8月3日(金)19:40に当院へ帰着しました。

7月6日(金)からの豪雨による災害発生以降、DMAT(災害派遣医療チーム)及び救護班を派遣し、坂町小屋浦、呉市天応地区、安浦地区の臨時救護所等で救護活動を続けてきましたが、被災地の診療が再開されてきたため、医療救護班の出番は一旦終了となります。

帰着した救護班を当院のスタッフで出迎えると、少し安心した表情が見られました。

なお、被災地では、まだまだ懸命の復旧活動が続けられております。
今後も日赤はこころのケア活動等を通して、被災地支援にあたります。

スライド10