広島日赤小児血液懇話会を開催

カテゴリー: 研修 パーマリンク

平成30年8月11日(日)、「広島日赤小児血液懇話会」を開催し、患者さんやそのご家族、医療関係者など約170名の参加がありました。

教育講演では、「治療終了後の小児がん経験者の長期的な問題」をテーマに、愛媛県立中央病院小児医療センター長の石田也寸志先生にご講演いただきました。
治療終了後に発症する晩期合併症や主治医交代、転居などによるフォローアップロスなどの問題点に関することについてお話しいただきました。

講演後の懇親会では、和やかな雰囲気の中、病気と闘ってきた仲間、現在治療を頑張っている仲間、医療関係者と当時の話や近況報告などが行われました。

今後もこの懇話会を通して、患者さんやご家族、医療関係者の方々とより一層連携を深めてまいりたいと思います。

画像作成用(横長)