~医療の知恵~肺炎球菌ワクチンについて

カテゴリー: ~医療の知恵~ パーマリンク

肺炎は日本人の死因の第3位であり、肺炎による死亡者の約95%は65歳以上の高齢者です。自分ではわかりにくいですが、年とともに抵抗力は低下していきます。そのため、高齢で肺炎にかかると、日頃元気な人でも、若い人よりも急激に症状が悪化することがあります。肺炎は決して軽視してはいけない病気です。肺炎とその予防について、きちんと知っていただくことが大切です。

風邪やインフルエンザにかかったり、呼吸器や心臓、糖尿病の持病があったり、加齢などで抵抗力が低下すると、細菌などに感染しやすくなります。そして、それらが肺で増殖し肺炎となります。肺炎を引き起こす原因の細菌で最も多いのは、「肺炎球菌」です。

肺炎予防の一つの手段として、肺炎球菌ワクチンがあります。ワクチンをうっても、必ずしも予防できるというわけではありません。現在、日本ではニューモバックスとプレベナーの2種類の肺炎球菌ワクチンが接種できます。プレベナーは一生に1回、ニューモバックスは5年に1回の接種です。抵抗力の付き方などの研究から、「両方」の接種が勧められていますので、詳しくはご相談ください。

呼吸器科 副部長 谷脇 雅也

図1図2