平成30年度第2回セーフティマネージメント研修会を開催しました

カテゴリー: 行事 パーマリンク

裁判所との相互理解プログラムにおける「医療訴訟パネルディスカッション」をセーフティマネージメント研修会に位置づけ、平成30年10月22日(月)、平成30年度第2回セーフティマネージメント研修会を開催しました。参加者は院内207名、院外16名、計223名でした。

裁判所との相互理解プログラムについては、医療機関と法曹との相互理解を深める取り組みとして、広島医療訴訟連絡協議会のもとで毎年開催されています。当院は今年度、裁判所提供プログラムの担当でパネルディスカッションを担いました。

広島地方裁判所部総括判事が司会をされ、広島地方裁判所の判事・判事補、広島弁護士会の弁護士2名、当院から神経内科医師及び集中治療室看護師長がパネラーとなり、平成27年1月27日の東京地方裁判所の判決事例を基に「ベッドからの転落事故における医療従事者の注意義務」についてディスカッションを行いました。

裁判所からの事例紹介後、弁護士から医療紛争にあたって患者・遺族から相談があった際の対応等について説明があり、看護師長は当院での転倒・転落の発生状況や防止への取り組み事例を紹介しました。その後、意見交換が行われましたが、改めて医療安全対策の重要性について認識することができました。

安全・確実な医療を提供できるよう、職員一同引き続き研鑽に努めて参ります。

画像作成用(横長)