~医療の知恵~自己調節鎮痛法

カテゴリー: ~医療の知恵~ パーマリンク

「手術が決まったけど、手術後の痛みが心配。」という声を耳にします。
術後の痛みは、手術による組織の傷害と、それに伴う炎症反応により生じる生体防御反応で、時間が経つと軽減します。痛みの程度は、手術侵襲の大きさや手術部位の差によって異なり、また個人差も大きく、患者さんの性格や背景によって痛みの感じ方が様々です。

痛みを我慢して動くことができないと、傷の治りが遅れたり、腸の動きが悪くなったりします。さらには肺炎や下肢静脈血栓のリスクも高まります。十分な鎮痛をすることは、苦痛や不安を取り除くだけでなく、早期の離床を促し、予後やQOL(生活の質)を高めることになります。

薬は消炎鎮痛薬、オピオイド、局所麻酔薬などがあり、投与経路も内服、点滴、硬膜外(背中に入れた管)、神経ブロックなど多数あります。
当院では、腹部の手術など比較的大きな手術に対して、自己調節鎮痛法(PCA)を行っています。PCAは持続的に薬を投与しますが、自分で付属のボタンを押すと直ちに追加投与されます。
痛い時にすぐに痛みを止めることができるので、ナースを呼んで薬を待つ時間がなくなります。
また、過剰投与にならないように安全ロック時間が設定してあるので、押し過ぎを心配する必要もなく、いくら押しても大丈夫です。

PCAはディスポーザブルポンプ(図1)と電動式ポンプ(図2)の2種類のポンプがあり、ディスポーザブルポンプは硬膜外鎮痛と神経ブロックで、電動式ポンプは静脈内鎮痛で使用しています。

画像

麻酔科 副部長 右田貴子