災害救護用テントを整備しました

カテゴリー: その他 パーマリンク

新しいテントが日本赤十字社広島県支部に整備されました。

このテントの特徴は、35cmの雪にも耐えられる強さを備え、空調機能も完備し、傷病者にやさしい造りになっていることです。

10月27、28の両日、愛媛県で行われる平成24年度日本赤十字社中国・四国各県支部合同災害救護訓練で使用される予定です。

災害は起こらないことが第一ですが、起こったことを想定しての訓練は、迅速に行動するために必要です。

普段から心がけておきたいと思います。