当院のがん治療

トップページへ戻る

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

がんの診療内容、診療実績

トップページ > 当院のがん治療 > がんの診療内容、診療実績

悪性リンパ腫

治療方針

患者個々の年齢、全身状態、病型、病態、に適した治療(テーラーメード治療)を目指しています。病気を良く理解したうえで治療に取り組んでいいただくために、治療方針は患者、家族とよく相談したうえで決定しています。またQOL (生活の質)を重視し極力外来通院での治療を基本としていますが、必要に応じ無菌室入院など行っています。

治療内容

年間約160例の新患者を診療しています。非ホジキンリンパ腫の進行期低悪性度で低腫瘍量患者については無治療観察を行い、高腫瘍量患者については標準的化学療法を行っています。進行期中高悪性度リンパ腫に対しては年齢や腫瘍量に応じ標準的化学療法や、より強力な化学療法を行っており、図のように65歳未満のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫では90%の5年生存率を得ています。残念ながら再発をきたした場合は自家または同種造血幹細胞移植を積極的に行い、治癒率の向上を図っています。高齢者については標準的治療を基本としますが、加齢に伴って生じる心身機能の脆弱性を詳細に評価することで個々に適した治療を行う取り組みを行っています。

治療実績(平成27年実績)

がんの部位別、病期(ステージ)別の治療方法



このページのトップへ