フィジカルアセスメント研修

カテゴリー: 学会研修報告 パーマリンク

皆さん、こんにちは。

梅雨明けが発表されたというのに、雨の日が続いていますね。

湿気と暑さに負けずに毎日頑張っていきましょう。

昨日は2年目看護師対象のフィジカルアセスメント研修がありました。

演習の内容は以下のとおりです。

●グループで集まり、まずロールプレイの患者役・看護師役を決めます。

●事例を読み、どんな問診、観察、視診、触診、聴診など行うか、グループで作戦会議をします。

●ロールプレイ演習を行います。

●演習後、ファシリテーターが中心になりデブリーフィング(振り返り)を行います。

作戦会議の様子です。

IMG_3225

ロールプレイ演習です。

IMG_3227 IMG_3228 IMG_3234 IMG_3242

デビリーフィングの様子です。

IMG_3243 IMG_3244

デブリーフィングとは、「シミュレーション後にファシリテータにより導かれるもの。フィードバックを提供し、“振り返り”と“議論”を通じ参加者に自律的な思考と将来の行動変容を促すもの」とされています。

デブリーフィングを通じ、自己の行動を客観視し、その中から“気づき”が導かれることになります。

それには、ファシリテーターの役割が重要になってきます。

写真のように、活発に行われ、大事な気づきが生まれていました。

皆さん、お疲れさまでした。