新人看護師紹介します(その5)

カテゴリー: 新人看護師紹介 パーマリンク

皆さん、こんにちは。先週末は、各地でお祭りや運動会が催されていましたね。

広島は、ずっと天気にめぐまれていて良かったですね。いい思い出つくりができたでしょうね。

さて、今回も新人看護師の紹介をさせていただきます!今回は可愛い手描きの似顔絵つきです。

★こんにちは!6号館6階新人看護師です!★

こんにちは! 私たちは今年の4月から6号館6階に配属になった4人です!

病棟に配属されてはやくも5か月が経ちました。毎日必死なので、1日、1週間、1ヶ月があっという間に感じます。

私たちの病棟は、泌尿器科、耳鼻科、皮膚科、放射線科の混合病棟で、子どもから高齢者まで幅広い年齢の方が入院しています。

平日は、ほぼ毎日手術があり、入退院も多い病棟なので、毎日忙しく過ごしています。

手術後の患者さんの痛みなどの緩和はもちろん、異常の早期発見ができるよう看護していかなければならないため、とても緊張します。

なので、疑問に感じたことや不安に思ったことは自己解決せず、先輩看護師に相談し、アドバイスを頂きながら日々頑張っています。

配属されて5か月が経ち、受け持ち患者数も増え、めまぐるしい毎日を送っています。

5か月経った今でもわからないこと、初めてのことがたくさんあり、自分のしている看護に自信が持てず不安になることがよくあります。

そんな私たちに先輩たちは、いつも優しく声をかけてくれます。

間違っていることは注意して正してくれ、できていることは認めてくれます。

その言葉に何度となく救われ、見失っていた道を導いてもらえました。

また、日々患者さんと関わる中で、患者さんからの一言にも救われています。

「(あなたが言ってくれた)その言葉、とても心強いわ。頑張れる」

「あなたに看てもらえて本当に良かった」

「あなたと話しているとしんどい時に心が癒された」

など、患者さんからの言葉には特別な力があるように思えます。

未熟な自分にも少しでも患者さんのためにできることがあるのかなと思えました。

患者さんから頂いた言葉一つ一つが私たちの頑張る力になっています。

まだまだ未熟で、点滴が上手くできなかったり自分の知識がなさ過ぎて落ち込むことも沢山あります。

そんな私たちですが、患者さんから言っていただいた素敵な言葉と笑顔を忘れず、私たちらしく看護をしていきたいなと思います。

日々精進し早く一人前になって、先輩方のような素敵な看護師になりたいです。