プライバシーポリシー

トップページへ戻る

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

トップページ > プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

方針

広島赤十字・原爆病院(以下、当院という)は、人道・博愛の赤十字精神のもと人々に愛され信頼される病院をめざしており、患者さんに良い医療を受けていただけるよう日々努力を重ねています。患者さんの個人情報につきましては、適切に保護し管理することが非常に重要であると考えております。
なお、患者さんのみならず、ご家族やご友人および健診受診者の方、当院と関係のあるすべての方の個人情報についても、「個人情報保護方針」に従い取り扱います。

個人情報の取得と利用について

当院が患者さんの個人情報を取得する場合は、患者さんの診療・治療・看護にかかわる範囲での利用を目的として行います。その他の利用目的で個人情報を取得する場合はその利用目的を患者さんご本人へあらかじめお知らせし、同意を得た上で取得し利用いたします。また、当院のウェブサイトにて個人情報を取得する場合は、その利用目的を当院のウェブサイト上にてあらかじめお知らせし、同意を得た上で取得し利用いたします。
当院における個人情報の利用目的の詳細内容は、当院内および当院のウェブサイト上に掲示する「患者さんの個人情報の利用目的」に示します。

個人情報の第三者(注1)提供について

当院は、患者さんの個人情報の利用につきましては以下の場合を除き、当院内に掲示する「患者さんの個人情報の利用目的」の範囲を超える利用や、第三者(注1)への提供はいたしません。

  1. 利用の目的をご説明し、患者さん本人の同意を得た場合
  2. 患者さんの生命、身体または財産の保護のため、緊急かつ止むを得ない場合
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
  4. 個人を識別あるいは特定できない状態に加工(注2)して利用する場合
  5. 法令などにより提供を要求された場合
個人情報の適正管理について

当院は、患者さんの個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、患者さんの個人情報の漏えい、盗難、紛失、破壊、改ざんの防止に尽力します。併せて患者さんの個人情報への不正なアクセスの防止や、クラウドサービスなどによる情報の交換も含めて安全性の確保に尽力します。また、患者さんの個人情報を扱う電子カルテなどの医療情報システムについては、当院内部でのアクセスはもとより、インターネットなどを利用したアクセスに関しても十分な安全を確保して不正なアクセスから保護すると共に、コンピュータウィルスの脅威からの保護にも尽力します。また、医療サービスを提供するにあたり診療録、検査データの一部保管を外部委託しております。個人情報を預託する委託先とは守秘義務契約を交わしており、患者さんの個人情報の保護や管理が適正に行われることを当院の責任において監督します。

個人情報の開示・訂正・利用停止について

当院は、取得した患者さんの個人情報について患者さん本人から開示を求められた場合には、遅滞なく(ご家族、ご友人、法定代理人などから開示を求められた場合は、当該患者さんへ確認をした後に)内容を確認し、当院の「診療情報の提供に関する指針」「診療記録等の開示に関する指針」に従って適切に対応いたします。また、取得した個人情報の内容が事実ではない、または第三者への提供手続きの違反等の理由で患者さん本人から訂正や利用停止を求められた場合も、遅滞なく調査し適切に対応いたします。

法令の順守と個人情報保護の仕組みの改善

当院は、個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規則を順守します。また、この「個人情報保護方針」は見直しを適宜行い、継続的に個人情報保護の仕組みの改善を図ります。

問い合わせの窓口

当院の「個人情報保護方針」に関してのご質問やお問い合わせ、および患者さんの個人情報に関するご相談・お問い合わせは下記の相談窓口でお受けします。

平成29年4月1日   
広島赤十字・原爆病院 
院長 古 川 善 也

注1 第三者とは、情報主体(本人)および当院以外をいい、情報主体(本人)により、その個人情報の利用の同意を得られていない団体または個人をさします。
注2 単に個人の名前などの情報のみを消し去ることで匿名化するのではなく、連結不可能匿名化、連結可能匿名化、秘匿化などの方法で、情報主体(本人)を容易に特定できない状態にされていることを意味します。

このページのトップへ

患者さんの個人情報の利用目的

当院では、患者さんの個人情報については下記の目的に利用し、その取り扱いは、当院の「個人情報保護方針」に従って万全の態勢で取り組んでいます。なお、ご不明な点や疑問等がございましたら当院の相談窓口である総合相談支援センターにお問い合わせください。

患者さんへの医療の提供に必要な利用目的
    院内での利用
  1. 患者さんに提供する診療・治療・看護などの医療サービス
  2. 患者さんにかかわる医療保険事務
  3. 患者さんにかかわる入退院等の病棟管理
  4. 患者さんにかかわる医療費の会計・経理事務
  5. 患者さんにかかわる医療事故等の報告
  6. 当該患者さんへの医療サービスの向上
    院外への情報提供としての利用
  1. 他の病院、診療所、助産院、調剤薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者などとの連携
  2. 他の医療機関などからの照会への回答
  3. 患者さんの診療などのため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  4. ご家族、ご友人などへの病状説明
  5. 検体検査業務などの委託(注1)
  6. 電子カルテなどの医療情報システムの保守管理業務の委託(注1)
  7. 医療保険事務・食事配膳業務・院内警備業務の委託(注1)
  8. 医療保険の審査支払機関へのレセプトの提供
  9. 医療保険の審査支払機関または保険者からの照会への回答
  10. 事業者などから委託を受けた健康診断に係る、事業者などへの結果通知
  11. 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体や保険会社などへの相談または届出
院内でのその他の利用および法令で示された利用
  1. 医療・介護サービスや業務の維持・改善などの経営分析のための基礎資料
  2. 当院内で行われる医療(臨床)実習や看護実習などへの協力
  3. 医療の質の向上を目的として当院内で行われる症例研究
  4. 公益財団法人日本医療機能評価機構などの外部監査機関への情報提供
  5. 患者さんの投薬情報を災害時に医療機関の間で連携して利用する場合
  6. がん登録とその予後調査等に関する必要なデータ等の提出
医療サービスのレベルや質の向上を目指した情報提供としての利用
    あらかじめ当該患者さん本人への同意を得た場合や、当該患者さん個人を識別あるいは特定できない状態に加工(注2)して利用する場合、および患者さんの個人情報を特定の者(他の医療機関や団体など)と共同で利用することを、あらかじめ当該患者さんへお知らせした場合の利用目的。
  1. 専門医・認定医・専門看護師・認定看護師などの資格取得への協力
  2. 病診連携などの地域医療連携(ネットワークによる連携も含む)による共同利用による医療サービスの提供
  3. 遠隔モニタリングシステムによりペースメーカーなどの医療情報の提供
  4. インターネットなどを利用して、遠隔診療や指導を行う場合
  5. 医療の質や技術の向上を目的として他の医療機関や学会などとの情報交換や共同研究を行う場合

上記のうち、同意しがたい事項がある場合には、いつでもその旨を当院の相談窓口である下記の総合相談支援センターまでお申し出ください。なお、お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。また、これらのお申し出は、いつでも撤回、変更などをすることができます。

平成29年4月1日   
広島赤十字・原爆病院 
院長 古 川 善 也

注1 当院の「個人情報保護方針」を基にした、個人情報保護にかかる契約を結んだ信頼のおける業者への委託。
注2 単に個人の名前などの情報のみを消し去ることで匿名化するのではなく、連結不可能匿名化、連結可能匿名化、秘匿化などの方法で、情報主体(本人)を容易に特定できない状態にされていることを意味します。

このページのトップへ