レシピ

トップページへ戻る

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

具だくさん豚汁~塩分を減らすコツ~

トップページ > レシピ一覧 > 具だくさん豚汁~塩分を減らすコツ~

今回は味噌汁を飲むときの塩分を減らすコツについてご紹介します。

調理時間

40分

栄養成分表  (1 人前あたりの含有量)

  • 熱量   100 kcal
  • 蛋白質  5.0 g
  • 脂質   3.4 g
  • 塩分   1.0 g
  • 食物繊維 3.3 g

材料 4人分

豚背ロース  60g
糸こんにゃく 50g(1/4枚)
●ごぼう   60g (1/3本)
●大根    130g(1/6本)
●人参    60g(1/3本)
里芋   150g(3個)
長ネギ  25g(1/4本)
すりみそ 30g
だし汁  400g

作り方

糸こんにゃくは湯通しする。ごぼうはささがきにし、水にさらす。大根、人参はいちょう切りにする。里芋は乱切りにし、塩もみをしてぬめりをとり、下茹でしておく。長ネギは輪切りにする。

豚肉を炒めた後、●の野菜と糸こんにゃくを炒め、野菜がしんなりしたら、里芋、だし汁を入れ火にかける。

沸騰したら、長ネギを入れ味噌を溶き、沸騰直前で火を止める。

減塩!減塩! と言われている世の中ですが、みなさんは塩分を減らすためにどのような工夫をしていますか?日本人の食事摂取基準(2015年度版)では、1日の塩分の目標を男性8g未満女性7g未満としています。汁物1杯分の塩分は1.5gです!今日ご紹介した豚汁のように、かつおと昆布のだしを使用し野菜をたっぷりいれることで、うまみがしっかり出て、薄味でも美味しく食べることが出来ます。また、具が多いことで汁の量も減り、塩分を減らすことができます。

【だしのとり方】
①鍋の中に水と昆布を入れて火にかけ、沸騰直前で取り出す。
③かつお節を入れ沸騰したら、火を止めて上澄みを取る。

 

調理・栄養:管理栄養士 堀 小百合
管理栄養士 森田 郁恵
参考資料:日本人の食事摂取基準(2015年度版)
       調理と理論