レシピ

トップページへ戻る

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

七草粥

トップページ > レシピ一覧 > 七草粥

お正月休みで疲れた体を優しく労わってあげましょう♪

調理時間

50分

栄養成分表  (1 人前あたりの含有量)

  • 熱量   142 kcal
  • 蛋白質  6.2 g
  • 脂質   0.4 g
  • 塩分   0.2 g
  • 食物繊維 0.2 g

材料 4人分

米   160g(1合)     
水   1000ml(5カップ)
塩   2g 
七草  お好みで

作り方

米は研いでザルにあげておく。

七草は固めに茹でで、1cmくらいの大きさに切っておく。かぶ・大根の根は食べやすい大きさに切っておく。

鍋に米と水を入れ、蓋をし、沸騰したら弱火にして30分ほど炊く。

炊き上がる少し前に、かぶと大根の根を入れて炊く。

お粥が炊き上がったら2.で下茹でしておいた七草と混ぜ合わせて、塩で調味する。

こんにちは。
日本では1月7日に一年の無病息災を祈って七草粥を食べる習慣がありますね。
春の七草とは、
せり(芹)、なずな(薺)、ごぎょう(御形)、はこべら(繁縷)、
ほとけのざ(仏座)、すずな(菘)、すずしろ(清白)の七つをいいます。
すずなはかぶ、すずしろは大根の事です。
かぶの葉や大根にはβカロテンやビタミンCが多く含まれているので、風邪の予防や疲労の回復に効果があります。
また根には消化を助ける酵素が含まれているため、胃もたれ・胸焼けを解消してくれます。

 

調理・栄養:管理栄養士 長谷部 美香