レシピ

トップページへ戻る

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

太巻き寿司

トップページ > レシピ一覧 > 太巻き寿司

今年1年の幸せを祈って、当院でも入院患者さんに太巻き寿司をご用意しました♪

調理時間

70分

栄養成分表  (1/2本分あたりの含有量)

  • 熱量   358 kcal
  • 蛋白質  14.0 g
  • 脂質   6.0 g
  • 塩分   2.8 g
  • 食物繊維 4.4 g

材料 1本文

米      120g
寿司酢    大さじ2
焼きアナゴ  55g(1/2本)
かんぴょう  6g(のりの長さの2~3倍分)
干しシイタケ 3g(2個分)
醤油     大さじ1
砂糖     小さじ2
卵      50g
塩      少々
みりん    小さじ1/3
淡口醤油   小さじ1/3
油      適量
三つ葉    6g(1/3束)
焼のり(全型)1枚

作り方

米に1.35倍の水を加えて炊き、寿司酢を合わせて切るように混ぜる。

かんぴょうはさっと洗って水気をきる。干ししいたけは水に戻し、戻し汁に醤油・砂糖を加えてかんぴょうとしいたけを炊く。

卵は塩、みりん、淡口醤油を加えて焼く。

三つ葉は根を落として輪ゴムで止めて茹でて、冷水にさらす。

巻きすを広げ、のりの光沢のある方を下にして置き、のりの上側を1.5cmほど残して酢飯をまんべんなく広げる。

ご飯の中央より少し上に具材を並べる。

手前ののりを巻きすごと持ち上げて、上側の酢飯の端まで一気に巻く。

巻きすを輪ゴムなどで軽くとめて、しばらくなじませた後、太巻きを乾いたまな板の上に置き、包丁を濡れ布巾などで湿らせながら切って出来上がり。

こんにちは!2月3日は節分ですね。節分はもともと「季節を分ける」という意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指します。今では「節分」といえば、春の節分を指すようになりました。皆さん、節分に食べる料理や飾り物にはどのような由来があるかご存知ですか?

●太巻き寿司・・・日本料理では「巻く」は「福を巻く」に通じるとして、ハレの日の料理として使われます。節分の日の夜に、その年の恵方(歳神様がいるとされている、縁起の良い方向)を向き、願い事をしながら黙って太巻き寿司や恵方巻きを食べると、その願いが叶うと言われています。(もともとは大阪地方の習慣だったものが、最近は全国に広がっています)
●豆まき・・・煎って升に入れて、神棚に供えておいた大豆を、日が暮れたら「鬼は外、福は内」と言いながらまきます。まき終わった豆を年齢より一つ多く食べることで「1年間健康(まめ)にいられる」と言われています。1つ多く食べるのには、昔は「節分の翌日の立春で年を一つ重ねる」とされていたので、来年の分も福を授かるように、との意味があります。
●やいかがし・・・柊の枝に焼いた鰯の頭を刺して軒下に吊るしたものです。鰯を焼いた時の臭いと煙で鬼を追い払い、柊のとがった葉が鬼の目を突くように、との意味があります。地方のよっては鰯の他に、たまねぎやらっきょう、にんにくなど刺すこともあります。

太巻きに使用したアナゴには、ビタミンAが豊富に含まれており、脂質はうなぎの半分と低エネルギーです!ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。
食べることの意味が分かると、食べるのがより一層楽しくなりませんか?2月3日の夕食は、病院でも入院患者さんに太巻き寿司をご用意しています!今年の恵方は西南西です。皆さんも今年1年の幸せを祈って、太巻き寿司を食べましょう♪

 

調理・栄養:管理栄養士 山﨑 ちなみ

参考資料:「日本の四季 ごちそう暦」

        「冠婚葬祭マナーの便利帳」