診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

乳腺外科

トップページ > 診療科・部門 > 外科 > 乳腺外科

乳腺外科のご紹介

乳腺外科における特色・専門医療
乳腺外科 筒井(責任者)

【対象となる疾病】
乳がん、乳腺症、乳腺炎など

【特色・専門医療】
日本乳癌学会の認定施設であり、また、広島県が提唱する広島乳癌ネットワークで周術期施設に広島市内で指定された5病院のひとつです。乳腺専門医の責任者(筒井)は、マンモおよび乳房超音波読影医(A判定)も取得しており、また、マンモトームも可能です。正確な診断が治療の出発点と考え、乳がん治療に取り組んでいます。当科では、以前より乳がんの生物学的因子の解析を行っており、蓄積されたデータを基に化学ホルモン療法の適応を考えています。

乳腺診療チーム

広島赤十字原爆病院の乳腺診療チーム
(主任医師筒井(写真中央)は男性ですが、それ以外の看護師、検査・放射線技師はすべて女性です。)

乳腺診療チームの治療方針

当院の乳腺診療チームの治療方針は、まず、乳がんに対し、迅速かつ正確な診断を行い、それを患者さんにインフォームドコンセントすることで治療方針を決定します。治療は、確実かつ最良の手術を行い、チーム医療のもとで、制がん剤、放射線療法等の最適な治療を組み合わせて行っていきます。さらに、当科にこれまでの蓄積されたデータと研究発表に基づく最新の知見を取り入れて、総合的な治療方針を立てています。

1.迅速かつ正確な診断
 乳がんの診療において、まず、大切なことは、正確な診断を行うことです。ここで間違ってはその後の治療計画が全く意味を持ちません。現在、乳がんの多くは、触診、マンモグラフィー、超音波検査の3つの検査でほとんどの診断が可能です。実際の診断の手順としては、
となります。
主任医師の筒井は、日本乳がん検診制度管理機構のマンモグラフィ読影、ならびに、超音波読影のともにA評価の資格を持っており、他に4名の読影医の資格を持つ医師が診断に携わっています。また、6名の認定放射腺技師と2名の認定超音波技師が常勤し、年間マンモグラフィー約3000例、超音波検査約1500例を行っています。
<マンモグラフィー装置と認定放射腺技師>


認定読影医師(5名)

認定放射腺技師(6名)

認定超音波技師(2名)

筒井信一
松田裕之
柿沢秀明
祖母井努
谷千尋

相賀 浩子
河瀬 美智子
大久保 磨紀
平川 英美
迫田 美奈子
竹城 里沙

見世敬子
芝美代子

 マンモグラフィーと超音波検査で、乳がんが疑われた場合には、次に、細い注射針を用いて腫瘍を穿刺し、 細胞を吸引して調べる穿刺吸引細胞診や、それよりも太い針を用いて腫瘍組織の一部を取り出す針生検を行ないます。乳房に針を刺されると聞くと、とても痛い検査のように思われますが、採血と同じくらいの痛みで、数分で終了しますので、通常は超音波検査に引き続き行われます。

<穿刺中の超音波写真>

この写真では、右上方から腫瘤を穿刺しております。検査が成功するかどうかは、 穿刺針ががん組織にうまく命中しているかが問題となります。いずれの検査も術者の熟練度が検査の決め手といえます。すべての検査は主任医師の筒井が責任を持って行っています。

*乳腺外科外来のご案内  予約不要
当院乳腺外科の外来は、月曜から金曜日の8時30分から11時00まで受け付けています。予約は不要で、当日でも、直接外来に来ていただければ、担当医が診察を行います。
ただし、当院では、症状がなく健診目的の診察はできませんので、そのような方は健診施設を受診してください。

2.インフォームドコンセント
 乳がんの治療には手術、抗がん剤、ホルモン療法、放射線療法などが行われていますが、実際に治療を受けるとなればやはり心配となります。多くの患者さんにとって、これまで乳がんのことなど考えたこともなく、まさか自分がなるとは思っていなかった方がほとんどです。とくに乳房の手術となれば術後の乳房の変形など外見上の変化を心配されるのも当然です。これらをふまえ、私たちは患者さんの心配や不安を和らげ、納得し、安心して治療を受けていただけるよう「インフォームドコンセント(説明と合意、理解と選択)」という概念のもと、患者さんに病気についてありのままにお伝えすることにしております。患者さんに病状につき十分理解していた後に、手術、抗がん剤などの治療方針などについても十分に話し合い、私たちの乳腺診療チームのスタッフと患者さん自身で治療方針を決定できるような環境作りを目指しています。

3.確実な手術
 当院は、日本外科学会認定施設と日本乳癌学会認定施設であり、また、広島県による広島がんネット(http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/gan-net/)が指定している乳がんに対する周術期手術施設(広島市では5施設)のひとつであります。主任外科医師の筒井は、乳癌学会の専門医・指導医であるばかりではなく、日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医の資格も持ち、これまで、1000例以上の乳がんの手術に携わってきました。また、FACS(Fellow of American College of Surgeons)と呼ばれるアメリカ外科学会の正学会員の資格も取得しております。

乳がんの手術
 現在、乳がんの手術は乳房全部を切除する乳房全摘術か、乳房の一部を切除する乳房温存術が行われます。もちろん、切除範囲が少しであれば乳房の形はきれいに保たれますが、がんを確実に取り除くという観点から、乳房全摘が必要となることがあります。このような場合、後述の乳房再建を行うようにしております。また、乳がんが大きくて、温存術の適応が難しい場合でも、手術前に化学療法を行い、乳がんをを小さくしてから乳房温存術を行うこともあります。

センチネルリンパ節生検
 以前は、乳がんの手術の際は、腋の下のリンパ節を切除することが一般的でしたが、腕がむくんだり、腋の下の突っ張りやしびれが生じることがありました。現在では、乳房からのリンパの流れが最初に到達するセンチネルリンパ節だけ摘出し、手術中に転移があるかどうか術中病理診断で検討し、転移がない場合には腋窩のリンパ節を切除しない方法をとっています。当科では、RIと色素の両方を用いて、ほぼ100%のセンチネルリンパ節の同定率です。
<RI法で認められたセンチネルリンパ節>

乳房再建
 乳がんの手術では、乳がんの形態と根治性の観点から、乳房全摘を選択した方がよい場合があります。そのような手術では、乳房全摘に引き続き、乳房再建術を行っております。乳房再建術は、2013年から保険適応となっており、以前にくらべ費用がかからなくなり、一般的な治療となってきました。当科では広島市南区段原の宮本形成外科(http://www.keiseigeka.co.jp)と提携し、当科で初回の乳房の切除と再建が同時に行う一次手術を行っています。

4.チーム医療
 乳がんの治療には、手術、化学療法、ホルモン療法、放射線療法などがあります。これらの治療のうち、どれが最もよいのかではなく、これらの治療の最良も効果をうまく組み合わせて治療を行っていくことが大切です。また、よりよい治療法を選択するためには、専門的な画像診断や病理検査が必要です。さらに治療期間は長期にわたりますので、治療に伴う副作用や社会生活の問題のサポートが必要となります。
 当院では、単に疾患を治すのみではなく乳がんの患者さんをまるごと診る「全人的医療」をモットーに、「チーム医療」を行っております。チーム医療の中心は常に患者さんであり、患者さんを囲む医療者として、当院には専門医の資格を持った乳腺外科医、放射線科医、病理医、がん看護認定看護師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、さらに社会生活の問題のサポートに携わるソーシャルワーカーがいます。患者さんのよきパートナーとして満足度の高い医療を受けていただくために、このような専門家集団が連携して「乳癌診療チーム」を形成し、乳がん治療を行っています。


     <患者さんを中心としたチーム医療>

<化学療法を担当する乳腺診療グループの看護師>

5.蓄積されたデータ、研究発表に基づく最新の所見
 現在、国内のほとんどの施設で、乳がんの治療は乳癌学会の治療ガイドラインの基づいて行われていますので、全国のどの病院にいっても、ほぼ同じ水準の治療が受けられます。乳癌学会の治療ガイドラインには、最新かつ最良と認められた治療が記載されており、当院でも、このガイドラインに沿った治療を行っています。  さらに、私たちは、これまで蓄積されたデータを多くの研究発表として、国内ばかりではなく、海外にも発信してきました1~12)。たとえば、現在、乳がんの治療によく使用されるハーセプチンは2001年に発売されましたが、その適応の基準とされるHer2の発現につき、2002年に米国の雑誌に術後成績を発表しています4)。また、現在、化学療法の適応を決める際に用いられるKi-67に関しても2004年の発表しています8)。前述のごとく、当科では、原則として乳癌学会のガイドラインに沿って治療を進めていますが、これまでの多くの研究発表を基礎として、海外の最新の情報を取り入れて、総合的な治療方針を決定しています。

乳がんに関する主な発表論文>

  1. Tsutsui S., et al.  Prognostic value of DNA ploidy in 653 Japanese women with node-negative breast cancer. Int. J. Clin. Oncol. 2001;6:177-82.
  2. Tsutsui S., et al.  Prognostic value of p53 protein expression in breast cancer; An immunohistochemical analysis of frozen sections in 514 Japanese women. Breast Cancer 2001;8:194-201.
  3. Tsutsui S., et al.  DNA aneuploidy in relation to the combination of estrogen receptor, progesterone receptor, p53 protein and epidermal growth factor receptor in 498 breast cancer.  Oncology 2002;63:48-55.
  4. Tsutsui S., et al.  Prognostic value of c-erbB2 expression in breast cancer.  J. Surg. Oncol. 2002;79:216-23.
  5. Tsutsui S., et al.  Prognostic value of epidermal growth factor receptor (EGFR) and its relationship to the estrogen receptor status in 1029 patients with breast cancer.  Breast Cancer Res. Treat. 2002;71:67-75.
  6. Tsutsui S, et al.  Prognostic and predictive value of epidermalgrowth factor receptor (EGFR) in recurrent breast cancer.  Clin. Cancer Res.2002;8:3454-60.
  7. Tsutsui S., et al.  Prognostic value of the combination of epidermal growth factor receptor and c-erbB2 in breast cancer.  Surgery 2003;133:219-21.
  8. Tsutsui S., et al.  Prognostic implication of p53 protein expression in relation to nuclear pleomorphism and the MIB-1 counts in breast cancer.  Breast Cancer 2004;11:160-8.
  9. Tsutsui S., et al.  Inactivation of PTEN protein expression is associated with the low expression of p27 protein in breast cancer.  Cancer 2005;104:2048-53.
  10. Tsutsui S., et al.  A loss of c-kit expression is associated with an advanced stage and poor prognosis in breast cancer.  Br. J. Cancer 2006;94:1874-8.
  11. Tsutsui S., et al.  Angiopoietin 2 expression in invasive ductal
    carcinoma of the breast: its relationship to the VEGF expression and microvessel
    density.  Breast Cancer Res. Treat. 2006;98:261-6.
  12. Tsutsui S, et al.  The Akt expression correlates with the VEGF-A and –C expression as well as the microvessel and lymphatic vessel   density in breast cancer.  Oncol. Rep. 2010;23:621-30.

<担当医師の紹介>

第2外科部長 筒井 信一(つつい しんいち)

<略歴>
1985年3月九州大学医学部卒業、
1985年5月~1995年4月 九州大学付属病院、済生会福岡総合病院などで外科研修
1995年5月 九州大学医学部第2外科 助手
1996年年4月 アメリカ合衆国テキサス大学MD Anderson癌センター留学   
1998年4月 九州がんセンター乳腺科 医師
2001年4月 国立別府病院 外科医長
2005年4月 松山赤十字病院 外科部長    
2007年年4月 広島赤十字原爆病院 外科部長

<資格>
日本外科学会外科専門医・指導医
日本乳癌学会乳腺専門医・指導医
日本乳癌学会評議員
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本プライマリケア学会専門医・指導医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影医師(A判定)
日本乳がん検診精度管理中央機構検診乳房超音波読影医師(A判定)
Fellow of American College of Surgeons (FACS)

<自己紹介>
私は、1985年に九州大学を卒業し、その年、九州大学第2外科に入局しました。それから10年、外科臨床の研修と腫瘍外科の研究に励んだ後、1995年アメリカ合衆国のテキサス大学MD.Anderson癌センターに留学し、制がん剤の耐性につき研究しました、帰国後、九州がんセンターの乳腺科で乳がんの臨床と研究を行い、これまでに1000例以上の乳がんの患者の治療に携わってきました。外科医としては、FACSの資格を取得し、確実かつ丁寧な手術を毎回心がけています。また、私たちが行ってきた多くの発表結果をもとに、国内、海外の最新かつ信頼できる知見を取り入れて、総合的な治療方針の決定を行っております。

このページのトップへ