診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

サポート部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

薬剤部

トップページ > 診療科・部門 > 薬剤部

薬剤部のご紹介

概要

薬剤部は調剤課、薬剤管理課、製剤課、薬剤情報課、服薬指導課から構成されています。
病院薬剤師の業務には、医薬品の管理、処方せんの解析評価、処方せんによる調剤、薬に関する情報の解析評価とその対応、重篤な副作用などを未然に防止するための情報活動などがあります。

調剤課

調剤室
処方せんに基づき、外来・入院患者さんの内服薬、外用薬等を調剤しています。このとき同時に、医師が指示した飲み方や薬の量及び薬の組み合わせに問題がないか確認をおこなっています。また、患者さんに対しては、薬を適正に使用していただくために、お渡しする薬の効果、注意事項等の情報を提供しています。
尚、ゆっくり落ち着いてお薬についての質問や相談をうかがえるよう、「お薬相談室」を設けています。遠慮なくご相談ください。

注射薬室
医師より指示された注射薬の投与量、投与方法等を確認し、患者さん毎にセットして、病棟へ払い出しています。

薬剤管理課

内服薬や注射薬など薬品の購入および在庫管理をおこなっています。
また、定期的に薬品の有効期限を確認するなど品質管理もおこなっています。
薬剤部内の様々な資料の統計処理も管理課でおこなっています。

製剤課


市販品が無く治療上必要な特殊製剤、病棟において使用される処置薬・消毒薬等、常時使用される製剤および中心静脈栄養輸液(TPN)を調製しています。
現在の製剤品目数は約90、TPNは血液内科を中心として年間25000本調製しています。

抗がん剤の無菌調製
抗がん剤治療を受けられる患者さんの適正ながん薬物療法の確保及び誤投与を防止するという医療安全の観点から、薬剤師が抗がん剤や併用薬などの投与量、投与予定時間及び投与期間などをチェックした後、無菌調製をしています。

薬剤情報課

医薬品はその情報と一体となって、はじめて有効性及び安全性を最大限に発揮します。薬剤情報課では医薬品の適正使用を推進するために、医薬品に関するあらゆる情報を収集・整理・評価し、院内スタッフに提供しています。
また、治験事務局、治験審査委員会事務局として治験にかかわる業務もおこなっています。

治験センターの業務についてはこちら

服薬指導課

患者さんが安心して治療に専念されるよう、薬に関しての説明や、副作用のチェックを行い薬剤の面からサポートしています。 また、特定の薬剤の血中濃度をモニタリングすることにより、適正な薬物療法ができるように支援しています。

その他

チーム活動
この他にも、薬剤師は、糖尿病教室、ICT(感染対策実践部会)、EMPT(救急医療普及チーム)、NST(栄養サポートチーム)、PCT(緩和ケアチーム)、褥瘡対策委員会等、院内の各チーム、委員会のメンバーとして幅広く活動しています。
また、災害救援時には救護活動にも参加しています。

薬学部学生実務実習受入施設
薬学部学生の早期体験実習・長期実務実習を受け入れています。

薬剤部の方針

薬剤師の重要な業務の一つに「医師の処方せんに基づいて、適正な薬物療法を支援すること」があります。より安心で安全な、満足度の高い医療の提供ができるように努力しています。

特色

当院は、地域がん連携拠点病院に指定されており、平成19年5月の血液・腫瘍治療センターの開設を機に、抗がん剤の調製業務にも取り組んでいます。
又、入院患者さんの注射薬の使用量は全国の病院の中でも多く、TPN調製(無菌室)は365日稼動しています。

薬剤部 スタッフのご紹介

職名 氏名  
薬剤部長 谷口 雅敏  
薬剤副部長 酒井 洋子  
薬剤副部長 樫本 考司  

薬剤管理課長

関本 恭子  

製剤課長

上川 輪太郎  
薬剤情報課長 山田 智子  
    他 課長補佐2名 係長6名 薬剤師16名  事務職3名
               全33名

資格紹介

がん薬物療法認定薬剤師
1名
NST専門療法士
3名
糖尿病療養指導士
1名
介護支援専門員
2名
CCRP
1名
緩和薬物療法認定薬剤師
3名
感染制御認定薬剤師
2名
抗菌化学療法認定薬剤師
1名

このページのトップへ