乳房用X線撮影装置及びマンモトームシステムを導入


このたび当院では、財団法人JKAの競輪の補助事業により、新しい乳房用X線撮影装置に加え、マンモトームの装置が導入されました。最近、乳房に発生する病巣は、非常に早期の時期に発見されるものが多くなりました。それらの多くは、触診では触知することができず、マンモグラフィー上の石灰化や、超音波検査による小腫瘤として発見されます。近年の超音波診断装置の解像度は非常に鮮明になり、1cm以下の小さな腫瘤も多く見つかるようになりました。これらの早期の病巣に対しては、穿刺細胞診などで診断が不十分であった際には、以前では摘出生検が必要でしたが、今回、導入されたマンモトームを用いれば、傷が残らない小切開創で診断が可能です。また、病巣のみを吸引しながら摘出しますので、不要な組織をとることが少なくなり、検査後の変形等もほとんどありません。また、今後は、診断装置がさらに精巧になり、これまで以上に小さな病巣が診断され、マンモトームの対象となる病巣が増えてくると考えられます。