診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

サポート部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

臨床工学課

トップページ > 診療科・部門 > 臨床工学課

臨床工学課のご紹介

概要
ME機器管理業務

病院内で使用している医療機器を中央管理し、各病棟の入院患者さんが必要時に迅速に提供し、安全に効率よく使用できるように精度管理及び保守点検管理をおこなっています。 また、機器が患者さんに使用中、点検を行い、安全かつ精度的に管理をおこなってします。

  • 病院全般のME機器の保守管理
  • 貸出・返納システムにより機器整備点検作業及び消毒、清掃をおこなっています。
  • コンピュータによるME機器管理
  • 院外貸出機器(血糖測定器、吸引器)保守管理
教育業務
  • 看護師むけのME機器勉強会
  • 新規購入機器の勉強会
  • 学生実習の受け入れ・指導(3校)
透析業務

通常の維持透析はもちろんですが、個々の患者さんに合わせた処方透析も実施しています。重篤で病棟から透析室に来られない患者さんには、病棟に出向いて出張透析を実施しています。透析液を作成する水の管理及び液作成後の透析液を管理し、透析装置の保守点検をおこない、透析患者さんの負担を軽減するよう、日々努力しています。

  • 透析液作製機器の操作、保守、全般
  • 透析機器(コンソール)個人用・多人数用操作及び保守
  • 透析接続回収作業(臨床提供業務含む)
  • 病棟への出張透析
ICU業務

ICUに入室された患者さんの血液浄化全般の治療と呼吸器疾患の治療をサポートしています。 また、集中治療に使用する医療機器の精度管理とME機器の整備に取り込んでいます。 平成18年度より、高気圧酸素治療を開設しています。

  • 血液浄化機器 操作・保守全般(臨床提供業務含む)
  • ME機器保守
  • 人工呼吸器 操作・保守(回路交換、回路組等)
  • 高気圧酸素治療
  • 手術室、 手術の立会い及びME機器の保守管理
  • 中央材料室、滅菌消毒機器保守
臨床工学課の方針

機器管理

  • 安全に正確に機器が作動するよう機器整備の技術向上。
  • 機器を安全に効率よく運用する。
  • 院内全般の機器管理の徹底化。

臨床支援

  • 臨床支援の専門性を高め、業務を幅広く、医療に貢献できるよう努力する。
  • 常に、新しいものに挑戦し、こだわりをもって業務にのぞむ
特徴

人工透析室(人工透析業務)・ICU(血液吸着・人工透析業務・呼吸器)手術室(手術業務)・フェレーシス室(PBSCH・骨髄濃縮)・ME機器の中央管理の業務をおこなっています。

  • スタッフ全員でレベルの向上に取り組み、必要認定資格を積極的に取得するようにしています。
  • 臨床支援も意欲的に取り組み、機器管理も積極的に実施するよう、努力しています。

臨床工学課 スタッフのご紹介

職名 氏名 卒業年次 専門
臨床工学課長

松島 安幸

-

-

臨床工学課課長補佐 奥田 真吾 - -
臨床工学係長

蔦本 昌志

- -
主任

土屋 享子

重松 大志

- -
 

他 臨床工学技士8名
事務員1名

全14名

- -

このページのトップへ