診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

サポート部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

栄養課

トップページ > 診療科・部門 > 栄養課

栄養課のご紹介

概要
栄養管理

入院時には、栄養状態を評価するため栄養管理計画書を作成し、個々の患者さんの栄養状態に合わせた食事を提供しています。食事が食べられない患者さんに対しては、管理栄養士が病棟を訪問し、少しでも口から食べていただけるように個別対応をおこなっています。
また、NST(栄養サポートチーム)の活動に積極的に取り組んでいます。

NSTについてはこちら

食事

厨房内は衛生区域ごとに分かれており、温度・湿度管理を留意したうえで、安心・安全なお食事を提供しています。

当院の厨房は、平成27年10月から東棟9階に新設され、新しい調理システムであるニュークックチルを導入しました。ニュークックチルとは、加熱調理した料理を短時間で急速冷却し、チルド冷蔵にて保管・冷たいまま盛付けた後、提供時間に合わせて再加熱カートで加熱して配膳するシステムです。

入院中の食事についてはこちら

人間ドックの食事についてはこちら

栄養指導

医師の指示のもと、外来・入院患者さんに対して栄養指導をおこなっています。 指導内容は、慢性疾患(糖尿病、腎臓病、肝臓病など)食事療法、術後の食事、在宅酸素療法、その他食事・栄養に関するものなどで、食生活の改善・継続に向け支援しています。

栄養指導の詳細についてはこちら

栄養課の方針

チーム医療の一員として、患者さんに適切な栄養補給をおこない、医療に貢献できるよう努めます。

特色
  1. 衛生管理を重視した安全な食事を提供するために、厨房内の温度管理や食材管理に努めています。
  2. 季節感を味わっていただけるよう、旬の食材を取り入れた食事を提供しています。
  3. おいしく召し上がっていただく工夫として、配膳直前まで再加熱カートを用いて温かい料理・冷たい料理が適温で配膳できるよう管理しています。
  4. 食事を摂ることが困難な患者さんへの個人対応食をおこなっています。
  5. 入院、外来患者さんとそのご家族を対象に糖尿病、腎臓病、肝臓病、心疾患など医師の指示に基づき、患者さんの日常生活に応じた栄養指導をおこなっています。

栄養課 スタッフのご紹介

職名 氏名
栄養課課長

丹生 希代美

栄養課課長補佐 堀 小百合
調理係長 吉田 勝美
栄養指導係長

山根 那由可

 

管理栄養士 10名

調理師 18名

調理員 8名

資格紹介

病態栄養専門管理栄養士
4名
NSTコーディネーター
1名
給食用特殊料理専門調理師
1名
栄養サポートチーム専門療法士
2名
がん病態栄養専門管理栄養士
1名
糖尿病療養指導士
2名

このページのトップへ

このページを見た人は以下のようなページも見ています。