診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

内分泌・代謝内科

トップページ > 診療科・部門 > 内分泌・代謝内科

内分泌・代謝内科のご紹介


内分泌・代謝内科部長
亀井 望


診療の対象となる主な疾病

疾患頻度の高い糖尿病(2型、1型、二次性など)、甲状腺疾患 (甲状腺機能亢進症や低下症)、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、高血圧症などが当科の主な対象疾患です。その他副甲状腺疾患、下垂体疾患(末端肥大症、クッシング病、尿崩症など)、副腎皮質・髄質疾患(クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、アジソン病など)などの内分泌疾患全般が対象となりますが、最近は、検診などでたまたま見つかった副腎腫瘤の精査の頻度が増加しています。

当診療科における特色・専門医療

糖尿病に関しては、糖尿病に独特な細小血管障害(網膜症・腎症・神経障害)の検査・診断はもちろんのこと、糖尿病の死因として重要な心筋梗塞・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症の下地となる大血管障害(動脈硬化)の早期発見・病態診断に役立つ内臓脂肪量の測定やCAVI(下肢動脈の硬さをみる検査)、ABI(下肢動脈の閉塞の有無をみる検査)、IMT(頸動脈の厚さをみる検査)などの検査体制をととのえています。24時間血糖モニターも必要に応じて実施しています。これらの検査結果にもとづき、食事療法と運動療法に重点をおきつつ、それぞれの病態に応じた薬物療法を適応しています。また経口血糖降下薬に一日一回の注射で済み、低血糖の心配の少ない持効型インスリンを加える治療法は、持効型インスリン発売当初より行っています。糖尿病を学習して頂くことも重視しており、医師・糖尿病療養指導士・看護師・栄養士・薬剤師・理学療法士・臨床検査技師などのスタッフが入院中の糖尿病教室を行っています。治療の進歩も加担した高齢化に伴う糖尿病の新たな合併症ともいえる骨粗鬆症、認知症、癌の発症に対しても、随所で目を光らせます。
甲状腺疾患では、最も頻度の高いバセドウ病にはアイソトープ治療も行っています。甲状腺エコーも積極的に行っており、甲状腺腫瘍の早期発見に努めています。手術が必要な場合には当院耳鼻科とも連携しています。
内分泌疾患も当科は日本内分泌学会により教育施設認定を受けており、必要に応じてコンパクトな入院による集中的精査を効率よく行い、的確な診断に努めています。

当科の方針

患者さんひとりひとりの個性を見つめたうえでの治療に努めるとともに、病診連携にも力を入れてまいります。

内分泌・代謝内科 スタッフのご紹介

職名 氏名 卒業年次 資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野

部長
かめい のぞむ
亀井 望
平成
8年卒

日本内科学会総合内科専門医・研修指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
医学博士

糖尿病
甲状腺
その他内分泌疾患

糖尿病疾患管理室長兼副部長
みやはら みつえ
宮原 弥恵
平成
7年卒

日本内科学会認定内科医・指導医
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・認定指導医
医学博士

糖尿病
甲状腺
その他内分泌疾患
医師 いながき さおり
稲垣 早織
平成
21年卒

日本内科学会認定内科医

糖尿病
甲状腺
その他内分泌疾患
レジデント医師 こだま たかや
児玉 尭也
平成
25年卒

日本内科学会認定内科医

糖尿病
甲状腺
その他内分泌疾患

このページのトップへ