第55回日本赤十字社医学会総会を終えて

カテゴリー: 行事 パーマリンク

令和元年10月17日(木)・18日(金)、第55回日本赤十字社医学会総会が広島県で開催されました。全国から2,000人を超える赤十字職員にご参加いただき、805題の一般演題、特別講演をはじめとする22のシンポジウムや企画が行われ盛会のうちに終了いたしました。

新しい時代、令和の学会の幕開けは本年7月に就任された大塚義治社長の特別講話で始まりました。

社長・院長

日本赤十字社 大塚社長               広島赤十字・原爆病院 古川院長

各セッションでは、盛んに質問が飛び交いました。

発表者

発表の様子

医療人の集いのオープニングは、五日市高等学校書道部の皆様に学会メインテーマを書いていただきました。

書道

 

音楽に合わせ踊りながら流れるような筆使いに感嘆の声があがり、作品が会場にお披露目されると拍手喝采の盛り上がりでした。

五日市高等学校書道部の皆様、ありがとうございました。

今回、当院が主催病院となったのは、平成3年以来なんと!28年振りのことでした。

手探りではじめた学会準備でしたが、当院職員をはじめ、県内および中四国ブロック各赤十字施設の方々に協力いただき、無事学会を終えることができました。

改めて、各プログラムでご講演いただいた先生方、演者・座長の皆様、学会を盛り上げる数々の企画を行っていただいた企画事務局、ご支援いただいた企業・団体すべての方々に感謝申し上げます。

今回の学会が参加者の皆様にとって、それぞれの更なる飛躍への「新たな一歩」を踏み出すきっかけとなれば幸いです。