令和2年度広島市総合防災訓練に参加して

カテゴリー: その他 パーマリンク

令和2年9月4日(金)、台風が心配される中、大規模土砂災害を想定した広島市総合防災訓練が西風新都消防訓練場で開催されました。

私自身、救護班の看護師長に初めて任命されたことや、救護班の看護師としての役割をスムーズに遂行できるかどうか、不安を抱えた中で訓練に参加しました。

当初、現地は雨が降る予報でしたが、救護所設営時には日差しが強く訓練本番前に体調不良者が出るのではないかという心配もありました。普段、院内で勤務する職員にとって、なかなか身体に堪える過酷な環境を体験させてもらいました。

実際の訓練では、負傷者が次々と運ばれてくる中、現地合同指揮所で行政などの関係機関と調整・連携を図り、少ないスタッフと限られた資源で負傷者のトリアージ、応急手当、医療機関への搬送調整を行いました。

その時は、皆で優先順位を決めながら必死に対応したつもりですが、振り返ってみると、『もっと、ああすればよかった…こうすればよかった…』と課題が残りました。医療現場とは違う状況の中で、救護班の看護師の役割を改めて考えさせられる経験となりました。

甚大な自然災害による被害が増えている昨今、要請があれば出動しなければなりません。今回の訓練での学びを活かせるように、今後も積極的に研修に参加しスキルの向上に努めたいと思います。

東棟5階 看護師長 寺田久美

広島市総合防災訓練