『出前講座』へ行ってきました!

カテゴリー: その他 パーマリンク

みなさんこんにちは、栄養課です。

10月8日、宇品地区のみなさんに『出前講座』へ行ってきました。

この出前講座では、健康づくりや栄養の情報提供などの交流をさせていただいています。今回のテーマは、地域高齢者の低栄養予防についてお話をしました。バランスのよい食事内容はもちろん、高齢者が不足しやすい栄養素(たんぱく質、カルシウム、ビタミンEなど)を多く含む食品や、食生活に取り入れられるレシピを紹介しました。

また、コロナ禍のなか、栄養だけではなく知っていただきたい情報として、家庭でも簡単にできるストレッチ、マスクの重要性についてもお話いたしました。マスクのスライド(当院の古川院長より資料提供)をみながら、実際に市販されているマスクを用いて、選び方や正しい着用方法など説明すると、参加者の皆さんは、手をマスクに当ててしっかりと着用しているか確認されていました。

不織布マスク(サージカルマスク)は、コットンやフリースのマスクより飛沫防止効果が高いこと、またフェイスシールドはマスク以上に飛沫が拡散しやすいことなど、しっかりマスクを着用することの大切さをお伝えできてよかったです。

参加者の皆さんからは、「食事のことだけでなく、感染予防について身近なマスクについて知ることができてよかった 」、「マスクにも場所や用途によって素材をかえるなんて意識していなかった」と声をかけていただきました。

広島赤十字・原爆病院が地域の皆さまへ、より開かれた身近な病院となるよう取り組んでまいります。

栄養課 出前講座1

栄養課 出前講座2