アドバンス・ケア・プランニング(ACP)はじめてみませんか?

カテゴリー: その他 パーマリンク

こんにちは、総合相談支援センター・がん相談支援センターです。

誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。

命の危険が迫った状態になると、約70%の方が、医療やケアなどを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることが、できなくなると言われています。

自らが希望する医療やケアを受けるために、大切にしていることや望んでいることを前もって考え、どのような医療やケアを望むのか、家族や医療者と繰り返し話し合っておくことが重要です。

そのプロセスのことをアドバンス・ケア・プランニング(ACP)といいます。

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)は、愛称『人生会議』といい、11月30日(いい看取り・看取られ)は、『人生会議の日』と厚生労働省が定めています。

この機会にぜひ、家族内や医療者と話し合ってみてはいかがでしょうか。

詳しくは、総合相談支援センター・がん相談支援センター(中央棟1階⑩番)前に掲示していますので、ご覧ください。

総合相談支援センター