受賞作品「蒲公英(たんぽぽ)」を展示しました

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

3月に第10回広島赤十字・原爆病院賞を受賞した作品「蒲公英(たんぽぽ)」を、先週5月14日(金)夕方院内に展示しました。

真鍮や銀線などを用いた造形作品ですが、土台は重厚感がありながら、蒲公英の造形はとても繊細です。近くでよく見ると、極細の綿毛は鳥(コサギ)が飛んでいる姿になっており、説明書きには作者が「子孫を残すために綿毛になる蒲公英と繁殖期になると飾り毛をはやすコサギに共通点を感じ」たことが書かれています。

東棟のほほえみロード(ローソンの前)に展示していますので、是非ご覧ください。

画像作成用(横長)2