すずらんを寄贈いただきました

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

5月26日(水)、ANAグループ(全日本空輸株式会社)様より、すずらんの花とオリジナルのしおりを寄贈いただきました。

この催しは、昭和31年から続いており今年で66回目を迎えました。残念ながら、今年度も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、患者さんに直接お渡しすることはできませんでしたが、すずらんの花としおりを皆様の幸せを願う気持ちと共に、心の翼に乗せて届けていただきました。

同日、全日空広島支店の職員の方々が、昭和44年に羽田沖で消息を絶った航空機に搭乗し、殉職された天野美紀枝さんの石碑にお参りをされました。

天野さんは事故の前年に当院を訪れ、入院患者さんにすずらんの切花を手渡し慰問されていました。当院に入院されていた患者さんが、航空機事故の被害者名簿に天野さんの名前を見つけ、生前の天野さんを偲び、患者同士の呼びかけによる募金により、石碑が建てられました。

この石碑は、現在、病院の隣接地のメモリアルパークに設置され、全日空の職員の方々が、すずらんを届ける際には毎年、慰霊に来られています。

ご寄贈いただいたすずらんの花は1階ロビーと病棟に飾らせていただき、しおりは入院患者さんにお配りさせていただきました。心のこもった贈り物をありがとうございました。

HP掲載写真