セーフティマネージメント研修会を開催しました

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

こんにちは、医療安全推進室です。

7月7日に、令和3年度 第1回 セーフティマネージメント研修会を開催しました。この研修は、医療法に基づく全職員を対象とした医療安全研修です。

今回の研修は、『医療訴訟と説明義務について』をテーマに、大元・秋山法律事務所 弁護士 大元和貴先生に講演していただきました。実際の裁判事例をもとに、インフォームドコンセントや診療記録の在り方についてわかりやすく説明していただきました。

研修を終えて、患者さんやご家族に理解・納得していただけるインフォームドコンセントの重要性や、ただ説明義務という法的責任を果たすための行為としてではなく、患者さんやご家族との信頼関係を築く重要な行為であることを改めて認識しました。

セーフティマネージメント研修会は、昨年度から新型コロナウイルス感染対策としてzoomを活用し、集合研修とWeb研修を併用するハイブリッド研修を開催しています。当日の集合会場は、計5か所に分散し、講演会場以外の会場とネット環境が整っている部署はzoomで受講しています。さらに時間外の受講が難しいスタッフなども受講できるように自宅でのzoom受講も案内しています。講師の先生に録画の許可をいただいて、勤務の都合などで当日受講できなかった職員には、録画による後日研修を行っています。

これからも地域の皆さまに安全で適切な医療を提供するために、私たち一人ひとりができること、果たすべき責任を理解し、実践できるよう研鑽を重ねてまいります。

画像作成用(正方形)