入院のご案内
3/24

早期退院に関するご理解とご協力のお願い 当院は、「地域医療支援病院」の承認を受けています。 これは、国が決めた制度で、患者さんに身近な地域で医療が提供されることが望ましいという観点から、地域の『かかりつけ医』と助け合って医療を行うように承認された急性期医療を行う病院のことです。 今、国は、地域の中で病院や診療所がそれぞれ役割を分担し、地域全体で患者さんの治療を行うことを推進し、その一環として『かかりつけ医』をもつことを推奨しています。 『かかりつけ医』とは、患者さんの一番身近にあって、健康相談や体調管理、病気になったときの初期診断と治療を行い、また、病院で治療した後の患者さんの経過観察を行う医師のことです。 当院は、地域の『かかりつけ医』を支援しながら、当院で担うべき役割(専門的な治療、入院、救急医療)を果たすことにより、地域医療を支えていく使命を負った「地域医療支援病院」です。 病状の落ち着いているときは『かかりつけ医』で、当院での治療(侵襲の大きな検査・治療および病状悪化時等)が必要となったときは当院で診察を行います。 そのような理由から退院目標に到達され、病状が安定された患者さんには、なるべく早く退院して頂き、ご自宅で療養されることや地域の病院への転院をお願いする場合もありますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。 退院や転院、療養のご相談には、退院支援看護師や社会福祉士等が相談窓口として対応させていただきます。高度な検査や入院治療、救急医療を主に担当広島赤十字・原爆病院普段の診療や健康管理を主に担当かかりつけ医連携2

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る