~医療の知恵~「大腸内視鏡検査のススメ」

カテゴリー: ~医療の知恵~

日本人の死因の第1位は悪性新生物(癌や肉腫)で、2011年に癌で死亡した人の数は約35万7,000人にも上り,その中でも大腸癌の死亡数は女性では第1位,男性では肺癌,胃癌についで第3位となっています。2020年には,男性でも第2位になると予測されています。

年々増加している大腸癌ですが,やっかいなことに早期大腸癌では,ほとんど症状はありません。下の図について、右側の大腸癌は大きくなるまで症状が出にくく,腫瘤(しこり)としてみつかったり,貧血がみられます。一方,左側の大腸癌は下血,便秘・下痢,便が細くなるなどの症状で診断されることが多いのが特徴です(下図)。

fig_10  出典:JSCCR 大腸癌研究会

②.  ③.

          早期大腸癌                          進行大腸癌

大腸癌をみつける検査法として,便潜血反応検査,注腸造影検査,大腸内視鏡検査があります。便潜血反応検査は,大腸がん検診で行われている便の中に混じった血液を検出する大腸癌のひろい上げ検査で,これが陽性であれば,注腸造影検査,大腸内視鏡検査を行います。

当院では年間2,300件以上の大腸内視鏡検査を施行していますが,毎週のように大腸癌の方がいらっしゃり,年間約160件の大腸癌を診断し,早期癌のESD,ポリープ切除など約380件の内視鏡的治療を行っています。ステージ0(Tis 粘膜癌)で発見できれば,内視鏡的治療のみで根治できることも少なくありません。広島県では大腸がん検診の2次検査受診率が53%と低率で,せっかく検診を受けても早期発見の機会を逃しているかもしれません。

大腸内視鏡検査を受けて,早期発見・早期治療を目指しましょう!

第一消化器内科部長・内視鏡センター長    岡信秀治

 

第7回 国泰寺圏域多職種連携会議を開催しました

カテゴリー: 研修

平成29年9月22日(金)、東棟9階講堂にて、下記のとおり「国泰寺圏域多職種連携会議」が開催されました。病院と在宅で活動する医師・歯科医師・薬剤師・看護師・MSW・介護支援専門員81名が参加しました。

テーマ:『フレイルとロコモとサルコペニア~医療・介護連携による多角的アプローチ~』

講演:「ロコモティブシンドロームとその対策」

講師:広島赤十字・原爆病院 副院長 有馬準一

講演後にはグループワークを行いました。

テーマは「圧迫骨折の既往歴がある高齢者が在宅で生活していますが、少しずつ元気がなくなってきています。あなたの立場でどのような支援を提案されますか?」について話し合いました。

病院勤務の立場では「圧迫骨折に対し安静が必要である」という治療優先の意見に対し、在宅側の立場では「鎮痛剤をうまく活用しながら活動ができるようにする」と生活維持を優先する等、立場が違うことによる考え方の違いを共有しました。

歯科医師から「噛み合わせが悪いとバランスを崩し転倒しやすい」という意見もありました。日頃から口腔ケアには努めたいものです。

①  ②

 

                              看護部 森山 薫

お月見行事食

カテゴリー: その他

平成29年10月4日(水)、中秋の名月ということで、お月見行事食を提供しました!

十五夜とも言われ、月見をするには最も良い日と言われています。旧暦と関係して稲の収穫時期の前後であり、豊穣の象徴と見立てられたことから、米を使った団子や、その時期に収穫した物などで今年の実りに感謝するところからきています。

今年のメニューは、秋刀魚の塩焼き、お月見だんご汁、胡麻和え、旬の果物です。

DSC04261 (2)

これから少しずつ寒くなりますが、栄養課一同、患者さんに食事を楽しみにしていただけるように頑張ります (*^_^*)

 

登録医療機関紹介リーフレットを設置しました!!

カテゴリー: お知らせ

皆さん、一体どれくらいの地域の医療機関が登録医療機関として当院と連携しているかご存知ですか?

約600の医療機関が当院の登録医療機関として連携しています!

では、どの医療機関と連携しているかご存知ですか?

ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、中央棟1階の地域連携・入退院センター前に地域医療連携機関MAPを掲示したり、ホームページでも紹介をしています。ホームページでは、登録医療機関の情報がわかるリーフレットも閲覧できるようになっています。

そしてこのたび、もっと身近に、そして気軽に当院と連携している医療機関の情報を知っていただくため、登録医療機関のリーフレットを、地域連携・入退院センター前に設置しました♪

地区別にファイリングし、患者さんをはじめ、誰でも手に取って閲覧でき、持って帰っていただけるようになっています。

ぜひ、皆さんのお近くのかかりつけ医を探してみてください(*^_^*)

プレゼンテーション1

 

地域医療連携課

職場体験学習を行いました

カテゴリー: その他

平成29年10月5日(木)、6日(金)の2日間、広島市立広島中等教育学校の生徒3人(男子1名、女子2名)を受け入れて、職場体験学習を行いました。

この学習は医療職に興味を持っている生徒を対象に、当院の各部署を体験、見学してもらうものです。総合病院の中に入るのが初めての生徒は戸惑いながらも説明を聞き、熱心にメモや、質問をしていました。

当院での職場体験を通じて、医療職に興味を持つ生徒が、なりたいと思う職種が見つかればうれしいです。

いつかまたここで逢えたらいいですね。

DSC_7189  DSC_7209

リハビリテーションセンターにて、説明を受けリハビリ器具を体験する様子

 

 

平成29年度臓器移植等推進功労者県知事感謝状をいただきました

カテゴリー: 未分類

平成29年10月10日(火)、輸血部所属 青木 紀子看護師が広島県知事より、平成29年度臓器移植等推進功労者県知事感謝状をいただきました。

これは、臓器移植及び造血幹細胞の推進や普及啓発に関する功績が認められた者に、広島県知事から感謝状を贈呈されるものです。

DSC_7293. 今年度は3人が感謝状を贈呈されました。

DSC_7295.

青木看護師と湯崎知事

~職員コラム~「野球肘を知っていますか?」

カテゴリー: 職員コラム

今回の職員コラムは検査部です。

『野球肘』と言う言葉をご存知でしょうか?

学童期・成長期に投球動作の反復により生じる肘障害です。障害部位によって、内側、外側、後側障害と分類されます。なかでも外側型野球肘といわれる上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎 (Osteochondritis Dissecans: 以下OCD)は、内側型野球肘に比べると症状の発現が遅く,痛みを主訴に病院を受診してからでは診断が遅れることがあり、進行例では手術治療が必要となります。早期に発見すればほぼ間違いなく治るそうです。

その早期発見の取り組みとして『野球肘検診』なるものがあります。検診の内容としては、まず医師による問診、ソノグラファー(超音波診断装置の操作者)による超音波検査を行い骨の状態をチェック、理学療法士によるストレッチ指導が行われます。超音波検査は、X線撮影やCT検査では写らない軟骨の状態が観察できます。

超音波とは『人間には聞こえない高い音』の事を言います。

①

特に早期発見が必要なOCDの初期はX線撮影では分かりませんが、超音波検査で見つける事が出来ます。そして、なにより超音波検査はX線撮影やCT検査のような放射線被曝がありません。また、電源さえあればどこででも検査が出来ます。検査時間は約3~5分で終わり、痛みもありません。

②

広島市でも数年前に有志による『野球肘検診』チームが立ち上がり、私もソノグラファーの一員としてこれまでに数回検診に参加させて頂きました。

未来のCarp選手の肘を守る取り組みが今後さらに広まろうとしています。

③.

超音波検査による検診風景↑

④

広島市から集まったソノグラファーと医師↑

平成29年度 第3回セーフティマネージメント研修会を開催しました

カテゴリー: 研修

平成29年10月5日(木)、当院職員および地域医療機関の職員を対象に、「平成29年度 第3回セーフティマネージメント研修会」を開催し、197名の方が参加しました。

今回は、東京慈恵会医科大学附属病院医療安全推進室長の海渡 健 先生にお越しいただき、「チームステップス:Team STEPPS」をテーマに、「医療の質と安全を高めるためにチームで取り組む戦略と方法」についてご講演いただきました。

“Team STEPPS”とは「Team Strategies and Tools to Enhance Performance and Patient Safety」の略で、医療の質・安全・効率を改善するエビデンスに基づいたチームワークシステムを示し、「チームのパフォーマンスを向上し、患者のアウトカム(目標とする治療結果)を最適化すること」「そのために必須である“安全文化”(患者の安全を最優先に考える文化)を醸成すること」を目標としています。

今後、当院でも「Team STEPPS」を取り入れることとしており、より一層の安心・安全な医療の提供に努めて参ります。

①   ③

 

JMECC(内科救急・ICLS講習会)を実施しました。

カテゴリー: その他, 研修

平成29年10月7日(土)、JMECC広島赤十字・原爆病院コースを開催しました。

JMECC(内科救急・ICLS講習会)とは、救急医療への社会的要請が高まっている実情を踏まえ、内科医が、心停止時のみならず、緊急を要する急病患者に対応できるよう、日本救急医学会策定の「ICLS」を基礎に、日本内科学会独自の「内科救急」をプログラムに導入した講習会です。

受講者は当院内科医師6名、指導者はディレクター(開催責任者)の名古屋第一赤十字病院 花木芳洋先生、ブース長(※)の名古屋第二赤十字病院 横江正道先生、そして、当院のインストラクターおよびアシスタントインストラクターでした。

座学と実際の救急現場を想定しながらの実習を交えて、長時間の講習を全員修了しました。

(※)インストラクターを統括し、受講者の学習の質を保証する責任を担い、時間進行管理、学習環境への配慮、経験の少ないインストラクターへのサポート、育成を行う。

DSCN7292   DSCN7318

講習の様子

がんサロン「病気と仕事の両立について」

カテゴリー: 行事

皆さん、こんにちは。がん相談支援センターです。

平成29年10月4日(水)、「病気と仕事の両立について」をテーマに、広島産業保健総合支援センターより両立支援促進員の方を講師にお迎えして、お話をしていただきました。

病気になっても仕事を続けることは、経済的な面だけでなく、“生きがい”という意味でも支えになるといった話しをされながら、自分の病気をどこまで、誰に伝えていけばいいのかなど参加者からの質問にもお答えいただきました。

また、勤務状況や就業継続、職場復帰などについて、主治医に情報提供するための書類の様式例も紹介していただきました。

2

厚生労働省は、疾病を抱える労働者が、業務によって症状等が悪化することがなく、治療と職業生活を両立することができるよう、平成28年2月に「治療と職業生活の両立支援ガイドライン」を策定し、働ける環境を整えつつあります。

がん相談支援センターでも、「病気の療養と仕事」についての相談を受けています。

心配な事があれば、是非一度ご相談にお越しください。