~医療の知恵~肝がんの治療

カテゴリー: ~医療の知恵~

肝細胞癌(肝がん)の治療は、「肝切除」、「ラジオ波焼灼療法」、「肝動脈塞栓療法(TACE/TAE)」の他に、「放射線治療」、「肝動注化学療法」、「肝臓移植」、そして最近では、「分子標的治療薬」と、多くの選択肢があります。
胃がんや乳がん等とは異なり、がんの大きさや広がりだけでなく、肝予備能(肝機能)とのバランスによって治療法が決まるという特徴があります。
肝癌診療ガイドラインの治療アルゴリズムでは、最初に肝予備能で大きく2つに分かれ、その後に肝外転移の有無、脈管侵襲の有無、腫瘍数、腫瘍径と続いています。すなわち、たとえ1cmのがんであっても、肝機能が悪ければ手術はできませんし、逆に肝機能が良ければ、10cmを超える大きながんであっても切除可能な場合があるのです。

適切な手術術式を判断するために、下図のような、3次元画像解析システムを用いて手術シミュレーションを行います。

画像

肝がんのもう一つの特徴として、治療後の再発が多いことが挙げられます。

肝がんは主に肝炎ウイルスの感染に由来する「慢性肝疾患」から生じるため、手術後も5年間で半数以上の患者さんにがんが再発します。だからと言って最初から中途半端な治療を行うと、結果的に、がんの制御が困難となる場合が多いです。
肝機能をできるだけ維持しつつ、その都度最適な治療を行うことと、治療後にも定期的な経過観察を行うことが重要です。

当院では、外科・消化器内科・放射線科の専門医が合同カンファレスを行って、患者さん一人ひとりに最適な治療法を選択していますので、安心して治療を受けていただけます。

第三外科部長 前田 貴司

~職員コラム~東5病棟のあるある

カテゴリー: 職員コラム

今回は、東棟5階についてご紹介します。

東棟5階は、「外科」と「腎臓内科」の混合病棟です。そのため、手術を受けられる患者さんが多く入院しています。

ここで、手術を受けられた患者さんが「えっ!?」と驚かれる、東5病棟のあるあるネタを2つ紹介したいと思います。
1つ目は、「手術の翌日から、歩きましょう!」です。手術後にできるだけ早くから歩くことで、手術後の合併症を減らすことができるとされています。そのため私たちは、患者さんが少しでも早く歩くことができるように、「歩きましょう!」と、支援させていただいています。ただ、少しスパルタになるため、「え!?痛いのに歩くの!?」と驚かれます。
2つ目は、手術後最初の排ガスに「出たー。」と看護師が喜ぶことです。手術を受けられる方は、麻酔やお腹を切ることで、腸の動きが鈍くなってしまいます。その腸の動きが正常に戻っているサインとして、排ガスがあります。排ガスが出れば、食事開始の許可につながるため、患者さんも看護師も「手術後最初の排ガス」が出るのを、待ちに待っています。患者さんから「排ガス出ました。」という言葉が聞けたときは、私たちも嬉しくて一緒に喜びます。

以上、手術を受けられた際の東5病棟あるあるネタを紹介させていただきました。
東棟5階ではこれからも、入院した患者さんが、少しでも早く入院前の体の状態に近づけるように、最大限の支援をさせていただきます。

IMG_0588(縮小)

お月見行事食

カテゴリー: 行事

こんにちは、栄養課です。

平成30年9月24日(月)は、「中秋の名月」でした。
入院中の患者さんにも秋を感じていただくため、「お月見」の行事食を提供しました。

献立は、サンマの塩焼き・大根おろし・すだち・ほうれん草ゴマ和え・お月見団子汁・梨とぶどうの盛り合わせでした。
お月見団子は、穀物の収穫に感謝し、米粉で作った団子を食べるようになったのが始まりだといわれています。今回は、汁の中に団子を浮かべて、秋らしさを演出しました。

今後も患者さんに喜んでいただける食事提供ができるように努めてまいります。

スライド1

実習生による手作りおやつの提供

カテゴリー: 行事

栄養課では、定期的に実習生の受け入れを行っています。
平成30年9月14日(金)には、広島国際大学の実習生が作ったおやつを、入院されている小児科の子どもたちと、ご出産された産婦のみなさんにお配りしました。

メニューは、『チョコ巻きフレンチトースト』と『オレンジムース』の盛り合わせです。
入院中にはなかなか食べられない「チョコレート」を使ったデザートを出したいと考えたそうです。また、チョコに合う「オレンジ」を使ったムースの組み合わせで、患者さんからも「美味しかった。」というご意見をたくさんいただきました。

この経験を通して、実習生たちも「もっと食の楽しさや、栄養の大切さを伝えたい。」と感じたようです。

これからも、患者さんに喜んでいただけるような食事の提供に努めていきます!

スライド2

「笑いヨガ」を開催しました

カテゴリー: 行事

平成30年9月19日(水)、昨年に引き続き、笑いヨガティーチャーの小谷朱美先生を講師にお迎えし、「笑いヨガ」を開催しました。 患者さん、地域の方など計8名の方が参加されました。

「笑いヨガ」とは、“笑いの体操”と“ヨガの呼吸法”とを合わせた健康法のこと。
ヨガで行う腹式呼吸を取り入れているので、多くの酸素を体内に取り込むことができ、身体的・心理的効果を得ることが期待できるそうです。
具体的には「血液循環の促進」「有酸素運動」「免疫強化」「エンドルフィン(幸せを感じるホルモン)の分泌の向上」「ストレス解消効果」「リラクゼーション効果」など様々な効果があるようです。

【笑いヨガのコツ】
・「ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ」のハ行で笑う
・「アハハハハ!」と笑う
・手拍子をしながら「ホッホッハハハ」という
・「ヤッターヤッターイェーイ!」といい、イェーイの時には両手を広げる

また、笑えなくても、口角をあげるだけでも効果があると言われていました!

スライド1
笑いの絶えない、笑顔いっぱいの時間となり、参加者からは、「もんもんとしていたけどすっきりした。人が笑っているのを見るだけでも癒される。」などの感想が聞かれました。

患者さんと一緒に「笑いヨガ」を行い、「笑いの力」で元気になることを実感。
「笑いヨガ」は誰でもどこでもできますので、皆さんもぜひ実践してみてください。

~医療の知恵~肺炎球菌ワクチンについて

カテゴリー: ~医療の知恵~

肺炎は日本人の死因の第3位であり、肺炎による死亡者の約95%は65歳以上の高齢者です。自分ではわかりにくいですが、年とともに抵抗力は低下していきます。そのため、高齢で肺炎にかかると、日頃元気な人でも、若い人よりも急激に症状が悪化することがあります。肺炎は決して軽視してはいけない病気です。肺炎とその予防について、きちんと知っていただくことが大切です。

風邪やインフルエンザにかかったり、呼吸器や心臓、糖尿病の持病があったり、加齢などで抵抗力が低下すると、細菌などに感染しやすくなります。そして、それらが肺で増殖し肺炎となります。肺炎を引き起こす原因の細菌で最も多いのは、「肺炎球菌」です。

肺炎予防の一つの手段として、肺炎球菌ワクチンがあります。ワクチンをうっても、必ずしも予防できるというわけではありません。現在、日本ではニューモバックスとプレベナーの2種類の肺炎球菌ワクチンが接種できます。プレベナーは一生に1回、ニューモバックスは5年に1回の接種です。抵抗力の付き方などの研究から、「両方」の接種が勧められていますので、詳しくはご相談ください。

呼吸器科 副部長 谷脇 雅也

図1図2

シリア・アラブ赤新月社社長が訪問されました

カテゴリー: 行事

平成30年9月20日(木)、シリア・アラブ赤新月社社長一行が、当院を訪問されました。

日本赤十字社は、2011年より内戦が続くシリア国内および国外に避難した人に対する人道支援を実施してきています。特に、シリア国内への支援についてはシリア赤新月社と連携し、人道支援を実施しています。

今回は、日本赤十字社が実施している医療事業や、戦争と核兵器について広島の経験等を学ぶために訪日されました。

古川院長から、原子爆弾投下時の広島市内の被害状況、被爆直後の院内の様子・救護活動等について説明し、被爆当時、大量の医薬品や衛生材料を広島に届けたマルセル・ジュノー博士のことなどにもふれました。

シリア・アラブ赤新月社のハ―レッド・フブーバーティー社長らは、古川院長の話を熱心に聞き入っていました。

画像作成用(正方形)

 

今月の集団栄養指導【平成30年10月】

カテゴリー: 今月の集団栄養指導★

みなさんこんにちは。栄養課です。

10月の集団栄養指導のスケジュールを更新します♪
栄養指導では、入院・外来患者さん対象に、それぞれ病態に合ったパンフレット等を用いて、わかりやすく説明を行っていきます。

10月のスケジュールはこちら↓↓
10月スケジュール

米・英・豪の麻酔科医グループが当院に来られました

カテゴリー: 行事

平成30年9月17日(月祝)、米・英・豪の麻酔科医グループ12名が通訳案内士とともに当院に来られました。

彼らは日本の麻酔科医療を学ぶために来日され、被爆の歴史等を学ぶために当院にも足を運ばれました。

まず加世田副院長から、被爆当時の被害状況や現在の国内外に及ぶ被爆者支援活動等について説明を受け、熱心に質問をしていました。

その後、被爆資料室やメモリアルパークを見学し、マルセル・ジュノー碑や爆風でゆがんだ窓枠などに見入っていました。

代表のウィルキンソン医師は、「被爆の状況について、(広島で)医師からたいへん貴重な話を直接聞くことができ、貴重な時間を過ごすことができました」と述べられました。

当院の歴史や被爆について、海外の方に知っていただく良い機会となったのではないかと思います。

IMG_1164

~職員コラム~臨床心理士について

カテゴリー: 職員コラム

皆さんこんにちは。総合相談支援センターの臨床心理士 向井と申します。

私は主に、小児血液疾患で長期入院をされている子どもさんや、そのご家族の心理的支援、退院後の継続的な支援をさせていただいています。また、緩和ケアチームへの所属や、職員のメンタルヘルス研修等も担当させていただいております。

就職して10年目になりますが、就職当時は小児血液疾患児と家族の心理的支援を行っている臨床心理士はほとんどいませんでした。しかし現在は、医療チームの一員として活動している臨床心理士や、関心を持ってくれる後輩が増えて嬉しい限りです。

「臨床心理士としてできることは何か」、「自分はきちんと、子どもたちやご家族の気持ちに寄り添えているか」、「辛い治療の中でも楽しい時間があり、笑顔で過ごせるように支援ができているか」など、日々考え悩みながらも、子どもたちに元気をもらい、活動をしています。

今回の豪雨災害では、私自身が被害に遭い、家族、地域の方々、ボランティアの方々と一緒に作業をしながら、公共交通機関が復旧していない状況で、ホテル暮らしや片道3時間かけて通勤するという日々が続きました。心が折れそうな時、友人や知人、上司や同僚、そして日々関わらせていただいている子どもたちや、ご家族にも温かい言葉をいただき、皆様に支えられて乗り越えることができました。本当にありがとうございます。

改めて、人は一人ではなく、お互いに支え合いながら生きているということを実感しました。これからも、一日一日を大切にしながら、日々頑張っていきたいと思います。

画像作成用(正方形)