~医療の知恵~「脳梗塞の超急性期治療」

カテゴリー: ~医療の知恵~

脳梗塞は血管が詰まり血流が途絶えることで発症し、放置しておくと脳組織は急速に死んでしまいます。脳梗塞をできるだけ軽くするためには、まだ生きてる脳組織がある間に詰まった血管を再開通させることが必要です。

血管の再開通の治療として、血栓を溶かす薬(アルテプラーゼ tPA)を静脈投与する方法が2005年に許可されました。最初は発症3時間以内の使用に限られていましたが、2012年からは発症4.5時間以内に適応が拡大されました。
ただし、脳出血など重大な副作用が起こる可能性があるため、投与できるのは厳重な条件を満たした患者さんに限られます。しかし再開通率が低いこと(およそ30-40%)や適応時間が短いことが問題であり、適応する患者さんも限られています。

tPA静注療法によって症状の改善が認められない場合や治療の適応外の症例に対して、カテーテルを用いた血栓回収療法が注目されるようになってきました。
海外の報告では、約80%以上で再開通し、約50-70%の人が自力で歩行可能な状態にまで回復しました。しかし脳出血などを起こすリスク(約10%)がありますので、医師が慎重に適応を判断します。血栓回収のためのデバイスは次々に開発され、現在はステント型の回収デバイスを主体に治療されています。

当科でも2017年4月に医師を増員し、いつでも血栓回収を行う体制を整えています。

脳神経外科部長 隅田 昌之

 

人間ドック健診説明会を開催しました!

カテゴリー: 研修

平成29年11月10(金)、東棟9階講堂で「人間ドック健診説明会」を開催しました!

健康管理センターでは、毎年11月中旬に、次年度の受診勧奨や職場での健康管理に役立てていただくことを目的に、当院の人間ドックをご利用いただいている企業・健康保険組合の担当者をお招きして「人間ドック健診説明会」を開催しています。

今年は、31社(団体)32人の担当者の方にご出席いただきました。
森消化器内科副部長より「脂肪肝について」と題しての特別講演も行い、参加された方からは「職場に脂肪肝の社員が多いので非常に参考になった」「専門用語をかみ砕いて説明いただき分かりやすかった」などの感想があがりました。
アンケートの結果、ほぼ全員から来年度以降の開催希望があり、今後も内容を吟味しながら継続して実施していきたいと考えています。

1

 

【開催概要】
1. 開催日時  平成29年11月10日(金)15:00~17:00
2. 開催場所  東棟9階講堂
3. 出席者   31社(団体)から人間ドック・健診担当の32名
(当院より 古川院長、籠島看護部長、西田事務長、松本健診部長、森消化器 内科副部長 ほか7名)
4. 議題
(1)開会挨拶
(2)職員紹介
(3)平成28年度 人間ドック健診報告
ア. 人間ドック等実施状況について
イ. 満足度調査報告、オプション検査の紹介
ウ. 人間ドックで発見した悪性腫瘍症例について
エ. 健康寿命の延伸を目指して
(4)特別講演「脂肪肝について」
(5)改定事項について
(6)平成30年度人間ドック健診予約について
(7)質疑応答
(8)閉会挨拶

平成29年全職対象接遇研修会

カテゴリー: 研修

平成29年11月6日(月)、平成29年全職対象接遇研修会を開催し、当院職員125名が参加しました。講師は、平成26年度からお願いしている 古川 文美子先生に今年度もご講義いただきました。

今年度の接遇テーマ「信頼関係が築ける対応」について、クレームの初期対応から信頼関係構築につなげることができるよう、講義とワークを通じ、参加者一同知識を深めました。

また、研修会後は希望者から直接講師の先生に質問できる座談会の時間を設け、日ごろ対応に困っている事例などを中心に直接アドバイスをいただきました。

今回の研修会で学んだことを生かして、日々の業務に努めていきたいと思います!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
講 師:古川文美子 (株式会社キャリアプランニング)
テーマ:この病院でよかった あなたでよかった!!
目 的
○病院の顔として患者さんと接する医療人に求められる『接遇』を学ぶ
○知識だけでなく、事例を通して患者さんへの対応をロールプレイングで習得し、『心に寄り添う対応』を身につける
○今年度の重点目標である『信頼関係が築ける対応』について学ぶ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1

Happy Halloween ~保育所の子どもたちが仮装し院内を散歩~

カテゴリー: 院内保育所

平成29年10月31日(火)、院内保育所こころの園児がハロウィンにちなみ、仮装して院内を散歩しました。

昨年度は4名でしたが、今回は21名と大所帯!
まだ歩くのが難しい園児は4人乗りのバギーに乗ってきました♪

スライド1
子どもたちは保育所職員が手作りしたオリジナルの衣装や帽子を身に着け、古川院長のもとを訪れました。

古川院長は、園児一人ひとりにお菓子の詰め合わせを手渡し、受け取った園児たちは、どんどん笑顔になっていきました。

スライド2
その後、外来エリアを散歩し、患者さんからは「かわいい」と大人気で、手を振りながら散歩して保育所に戻りました。

スライド3
子どもたちの微笑ましい光景に、患者さんをはじめ職員も笑顔にさせてもらいました♪

院内保育所こころでは今後も様々なイベントを実施していきます!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~ 栄養課手作りオリジナルクッキー ~~~~~~~~~~~~~~
★DSC04407
ハロウィンにちなみ栄養課では、ハロウィン仕様の手作りクッキーを、入院中の患者さんや院内保育所こころの園児などにお配りしました♪

季節感を感じ、喜んでいただけたのではないかと思います(*^^*)

 

第14回 広島赤十字・原爆病院地域医療連携研修会を開催しました!

カテゴリー: 研修

平成29年10月26日(木)、ANAクラウンプラザホテル広島において、第14回広島赤十字・原爆病院地域医療連携研修会を開催し、地域の医療機関から104名、院内から126名、合計230名の方にご出席いただきました。

研修会では、加世田副院長を座長に、「圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術の紹介」と題して、第二整形外科土井部長の講演、「下唇に発生した原発性CD30陽性未分化大細胞リンパ腫の1例」と題して、歯科口腔外科明見部長の症例提示を行いました。

1
特別講演では、前川副院長を座長に、消化器外科医として手術を行う一方、「がん幹細胞」研究の第一人者として日本の医学界をリードされている大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学 森教授をお迎えし、「進行癌は何故治りにくいのか?」と題してご講演をいただきました。出席者からは多くの質問があがり、大変有意義な会となりました。

また、研修会後に引き続き行った懇親会では、今回初めての試みとして、各診療科・各部署の実績や特徴を紹介したポスターを掲示しました。

43

職員の説明に熱心に耳を傾ける地域の先生方もおられ、更なる交流を深めることができました。

地域医療連携課

~職員コラム~「運動会」

カテゴリー: 職員コラム

わたしは、南棟7階に勤務する看護師です。

血液内科の病棟で、急性期の患者さんから終末期の患者さんまで入院されています。

副作用の症状の観察や感染管理、日常生活援助などの患者ケアをしながら、新人指導や係の仕事をしたりと、とても忙しい日々を送っています。

先日、病棟でお昼の会議を利用して、『あなたをHappyにするもの』について話し合いをしました。

「美味しいご飯とお酒」、「ゆっくり睡眠がとれること」、「大好きな人に逢えること」、「子どもたちの笑顔」など様々な意見がでました。

みんな笑顔で話をしていて、とても和やかな雰囲気がスタッフステーションを包み、話をしているだけで幸せな気持ちになり、心がリフレッシュできました。

 「子どもたちの笑顔」といえば、わたしにも7歳と11歳の息子がいます。

10月の終わりに、運動会がありました。

一年生の子は、可愛く元気にダンスをし、かけっこでは一番になりました。

また、五年生の子は、力強く堂々とよさこいソーランを踊りました。

image1

途中から雨が降り出したので運動会は半分延期になってしまいましたが、一生懸命頑張っている2人の姿を見て、たくさんの元気とエネルギーをもらいました。

お昼は、お家に帰って家族みんなでお弁当を食べました。

image3

「いつも一緒のおかずだねー。」と言いながら、全部食べてくれました。

image4

運動会の代休を利用して、実家に帰り芋掘りを楽しみました。

 

南棟7階 武藤 ひかり

 

 

 

 

心不全リハビリ講演会を開催しました!

カテゴリー: その他, 研修

平成29年10月31日(火)、当院職員と地域医療機関の医師およびコメディカルを対象とし、心不全リハビリ講演会を開催しました。
本講演会は初めての開催で、呉市や東広島市など遠方からも多くの方にご参加いただきました。
120名が参加し、心不全患者に対する治療、心臓リハビリテーションの理解を深めることが出来ました。

〈講演内容〉
○一般演題  「心不全患者の療養支援 ~入院初期から関わるチーム医療~ 」                         広島市立安佐市民病院 看護部 主任
慢性心不全看護認定看護師 小林 志津江 先生

○特別講演  「明日から実践!心不全のチーム医療」
鳥取大学 医学部統合内科医学講座 病態情報内科学分野
循環器内科 統括医長 衣笠 良治 先生

IMG_1200②

講演会の様子

赤十字救急法基礎講習を開催しました

カテゴリー: 未分類

日本赤十字社では、「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守る」という使命に基づき、「救急法」、「水上安全法」、「雪上安全法」、「幼児安全法」、そして「健康生活支援講習」の5種類の講習を行っています。

平成29年11月2日(木)、当院看護師による赤十字救急法基礎講習を開催しました。
今回の募集は地域医療連携課を通じて呼びかけを行い、地域の医療機関から15名の方に参加していただきました。
胸骨圧迫や人工呼吸、AEDの使用方法、毛布による保温など、手当についての基本的な知識・技術を学んでいただきました。

CIMG1274    CIMG1314
講習会の様子

秋祭り行事食!

カテゴリー: その他, 行事

平成29年10月29日(日)、夕食で秋祭りの行事食を提供しました。

秋祭りの由来は、農作物の収穫に感謝するという意味も込められているそうです。

今年のメニューは、祭り寿司、鶏天、炊き合わせ、旬の果物です。
祭り気分を味わっていただくため、祭りのはっぴを手作りカードにして添えました♪

★DSC04394

旬の食材を食べ、これから来る寒い季節に負けず頑張りましょう!(^^)!

栄養課

 

「第8回日本赤十字臨床工学技士中四国ブロック研修会」

カテゴリー: 研修

平成29年10月21日(土)、益田赤十字病院で開催された“第8回日本赤十字臨床工学技士中四国ブロック研修会”に当院から発表者3名と座長1名の計4名が参加してきましたので報告します!

益田赤十字病院第一整形外科部長・統括DMAT隊員 米井徹先生をお迎えして「災害医療と臨床工学技士の関わり」について講演をしていただき、医療社会事業部 社会係長臨床心理士・俵美由紀先生に「災害時の心のケア&後方支援を経験して」について講演していただきました。

災害時、救護班のモチベーションの高さが逆に被災地で空回りすることや、後方からの支援の考え方など、意外な難題などがあることを改めて理解しました。

一般演題では、当院から3名の臨床工学技士が以下の内容で発表してきました。

●今田寛人 「手術室医療機器トラブル対策への臨床工学技士介入の効果の検討」
●平賢一   「脳幹脳炎を合併したギランバレー症候群に対する置換液5%アルブミン製剤を
用いた血漿交換療法の一例」
●山本麻菜 「臨床工学技士による手術室での点検・修理について」

質問もたくさんあがり、中四国地方の日赤技士と活発な意見交換ができました。

1

毎年各県の技士が持ち回りで研修会を担当し、日本赤十字臨床工学技士として中身の濃いコミニュケーションが取れているので、今後も継続して実施していきたいと思います。

医療技術部 臨床工学課 松島安幸