~医療の知恵~ 「狭心症」

カテゴリー: ~医療の知恵~, 未分類

第2回目は「狭心症」のお話です。
心臓の左心室は厚さが1cm程の筋肉でできた袋です。一生動き続けて全身に血液を送り出しており、この筋肉自身が栄養や酸素を必要とします。つまり栄養や酸素を運ぶ血液をこの筋肉に巡らしてやる必要があります。心臓の表面には冠動脈という名前の動脈が走っていて、この筋肉に血液を供給しています。冠動脈が動脈硬化によりかなり狭くなると狭心症、突然詰まってしまうと心筋梗塞がおこります。

健康診断の心電図検査を受けて大丈夫だったら安心していませんか?
実は狭心症は普通の(安静時の)心電図では発見できません。安静時と運動後を比較する運動負荷心電図検査が必要です。マスター二階段試験や、ベルトコンベアの上を早歩きするトレッドミルテストがありますが、ご高齢の方では足腰の問題から十分な運動負荷をかけられないといった問題があります。その他に薬物負荷心筋シンチグラムや冠動脈CTという方法があります。
しかし最終的な確定診断には、心臓までカテーテル(管)を進めて直接造影剤を注入する心臓カテーテル検査が必要です。もちろん当院にはこれらの機械が全てそろっています。
最新型の医療機械があるならば、何でも検査を受けてみたいと思われる方もおられますが、これらの検査は誰もが安心のため、念のために受ける検査ではありません。造影剤の腎臓への負担・放射線被曝・費用等を考慮しなければなりません。

症状の性状・部位・持続時間や誘因などをじっくりお尋ね(問診)し、また喫煙・糖尿病・高脂血症・高血圧などの危険因子を考慮した上で、これらの検査の必要性を判断するのが循環器内科の医師の役目です。胸にあやしい症状を感じたら循環器内科ご相談下さい。

循環器内科 副院長 加世田 俊一

図1(小)

図1:冠動脈CTのVR像
心臓表面を走行する冠動脈がわかります。

図2(小)

図2:冠動脈CTのCPR像
画面左下の冠動脈左主幹部が、画面右上向かう左前下行枝と下に向かう左回旋枝に枝別れしています。両方の枝に狭窄病変があります。

広島の3大プロが当院を訪問!!!

カテゴリー: 行事

広島が誇る3大プロ(広島交響楽団、サンフレッチェ広島、広島東洋カープ)で結成されている「P3 HIROSHIMA」。
平成29年5月15日(月)、「P3 HIROSHIMA」の結成10周年を記念して、楽団員及び選手が当院を訪問されました!

「P3 HIROSHIMA」から古川院長に、3団体のサインが入った記念色紙の贈呈!

11
アトリウムロビーでは、広島交響楽団の4名の方に「G線上のアリア」、宇多田ヒカルの「花束を君に」など計8曲を弦楽四重奏で演奏いただきました。

四重奏で奏でられる素敵な音色に、目を閉じてゆったりと聞き入られる方、音楽にあわせて歌詞を口ずさまれる方など、皆さんそれぞれの聞き姿が印象的でした。

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの四重奏

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの四重奏

千葉選手が指揮者に!

千葉選手が指揮者に!

 

 

 

 

 

 

その後、治療を頑張っている子どもたちの元を訪れ、広島交響楽団さんによる「となりのトトロ」や「ドラえもん」の演奏と共に、千葉選手、ロペス選手、スラィリーとの触れ合いを楽しみました。

病室から出られない子どもたちには、病室越しに触れ合う時間をとってくださいました。

DSC_3904 DSC_3930

 

 

 

 

 

 

今回の訪問でみんな元気をもらい、笑顔になりました。

お越しいただきました広島交響楽団の石井さん、大心地さん、伊達さん、遠藤さん、サンフレッチェ広島の千葉選手、ロペス選手、広島東洋カープのスラィリー、ありがとうございました。

今後も患者さんを元気づけられるようなイベントを実施していきます。

朝のあいさつ(事務部長)

カテゴリー: 職員コラム

私は毎朝、二輪車で病院へ通勤しており、病院の道路向かいの駐車場へ車を駐車した後は、東棟の玄関まで病院沿いに歩きながら、行き交う人に挨拶します。外の空気に触れるため歩道にたたずむ患者さん、学生さん、朝の散歩を楽しんでいるご夫婦、みなさんから挨拶を返していただけます。

院内へ入ってからは、玄関の守衛さん、コンビニの店員さん、受付開始を待っておられる患者さん、病院の職員のみなさんと挨拶を交わしながら、段々と仕事モードに切り替えていく毎日です。

挨拶の言葉を何度か発することと返してもらえる言葉を聞くことで、私にとっては今日も一日頑張ろうという力の源になっている気がします。

職場の自分の席に着いてからは、出勤してくる同僚に声をかけ、返ってくる言葉のトーンで元気さを見極めて、気になる同僚にはさらに声をかけることを心がけています。

あいさつはとても簡単な行為ですが、大切で貴重なコミュニケーションのためのツールと考えており、これからも続けていくつもりです。

追伸 今年1月に地元千田町町内会の方とお話をする機会があり、その際いただいた言葉が <日赤職員は変わったね。私の困った様子を気使って、「何かお困りのことがありますか?大丈夫ですか?」と声をかけてもらった。> とのことでした。とてもうれしく思いました。

事務部長 西田義則

赤十字病院間で診療支援!!

カテゴリー: その他

平成28年8月~11月の4ヶ月間、北海道常呂郡にある置戸赤十字病院に診療支援として当院の医師を派遣しました。

置戸町は北海道北見市の西側に位置し、人口約3千人という小さな町ですが、置戸赤十字病院は町内唯一の病院として、非常に大きな役割を担っています。

その病院において内科の医師が不足している状態であったため、日本赤十字社は全国赤十字病院ネットワークを利用し、県境を越えた支援体制をとりました。

当院からは消化器内科の医師8名を順次派遣して地域の皆様の診療にあたり、この度、その功績を称え、感謝状が授与されました。

岡信Dr2

派遣者を代表して感謝状を手にする
第一消化器内科部長の岡信医師

これからも広島県はもとより、赤十字病院のネットワークを活かして、全国どこでも安心・安全な医療を提供できるよう取り組みます。

~医療の知恵~ 「胆嚢ポリープ」

カテゴリー: ~医療の知恵~

今回から「医療の知恵」が始まりました。
これは当院の医師が、皆さんに知っておいてもらいたいと思う医療に関する情報を発信するものです。

私の専門は胆道・膵臓疾患です。皆さんの中には健診で胆嚢ポリープと言われた方もいると思います。そこで、「医療の知恵」第1回は胆嚢ポリープを取り上げました。

胆嚢ポリープとは概ね20mm以下の胆嚢の中に出来る小隆起性病変の総称です。基本的に症状はありませんので、腹部エコー検査で偶然見つかることが大半です。胆嚢ポリープには癌から全くの良性疾患までいろいろの疾患が含まれます。ポリープと聞いてびっくりする方も多いのですが、実は胆嚢ポリープの大半は「コレステロールポリープ」と言われる良性のポリープです。当院で行った腹部エコー8010例中を検討したところ、胆嚢ポリープは430例(5.4%)に見つかり、そのうちの417例(97%) がコレステロ-ルポリープと判断されました。何故、コレステロールポリープと判断できるのかと言うと、コレステロールポリープは腹部エコーで特徴的な見え方をする場合が多いからです。

私たちは胆嚢ポリープを見つけたときには、以下の6点に注意してエコー検査をしています。
①大きさ、②エコー輝度(白いか、黒いか)、③茎の有無、④表面性状、⑤内部性状、⑥個数です。

その中で、10mm以下の多発する高エコー(白っぽく見える)のポリープで、壁から浮いたようで(有茎性)、粒が集まった様に見え、表面正常も凸凹不整(桑実状)なポリープが、「コレステロールポリープ」の典型的見え方です(典型例を図1に示します)。比較的典型的な見え方をするポリープは年一度程度、エコーで経過観察をすれば良いと思いますが、そうでないもの、特に大きさが10mmを超えるようなものは精密検査が必要になってきます。精査の第一段階は超音波内視鏡検査かCT検査になります(図2)。なお、CT検査でコレステロールポリープは、単純検査では写らず造影検査で写るのが特徴ですので、CT検査は単純だけでなく造影も必要です。また、15mmを超えるポリープは手術適応(胆嚢摘出術)になります。精査や手術が必要と考えられる場合は、是非専門医と相談して下さい。

消化器内科 院長 古川 善也 図1

図1胆嚢ポリープ

図1:コレステロールポリープの典型的腹部エコー像。(矢印の先の白っぽいものがポリープです。沢山のポリープを認めます。大きさは最も大きいもので7.2mm。色は白色で、一部は浮いたように見えます。大きめのポリープは粒が集まったように見え、表面は凸凹しています。)

図2胆嚢ポリープ検査手順

図2:胆嚢ポリープの検査手順

5月は「赤十字運動月間」です

カテゴリー: お知らせ

赤十字の創始者であるアンリ―・デュナンの誕生日である5月8日は「世界赤十字デー」として定められており、世界190の国と地域に広がる赤十字・赤新月社に関わる一人ひとりが赤十字について原点に立ち戻ります。

日本赤十字社は、毎年5月を「赤十字運動月間」としており、今年度のテーマは「人がいま、試されている。」

日本、そして世界中で災害や紛争により苦しむ人々に、同じ空の下に生きる私たち一人ひとりに何ができるのか。1ヶ月をかけ、全国でのイベントなどを行っています。JRC2017_Poster_A

詳細は下記WEBサイトをご覧ください。

■特設WEBサイト
http://jrc-undougekkan.jp/
(期間5月1日~5月31日)

■キャンペーンCM
「遠い空の下、世界の出来事に耳をすませ、苦しむ思いに馳せる。」

※特設WEBサイトからも視聴できます

平成29年度救護班要員等辞令交付式が開催されました

カテゴリー: 行事

平成29年4月27日(木)当院講堂において「平成29年度救護班要員等辞令交付式」が開催されました。

当院からは救護班要員として医師・看護師・薬剤師・主事 計29名が、災害対策本部要員として3名が出席し、各班の代表者は日本赤十字社広島県支部泉水事務局長から任命辞令を受けました。

災害救護活動は、「いかなる状況下でも人間のいのちと健康、尊厳を守る」という日本赤十字社の使命そのものです。

近い将来、非常に高い確率で南海トラフ地震の発生が予測されています。
災害がいつ起こっても対応できるよう、より一層救護体制を強化し、赤十字一体となり取り組んでいきます。

2プレゼンテーション

今月の集団栄養指導★(平成29年5月)

カテゴリー: 今月の集団栄養指導★

みなさんこんにちは。栄養課です。

5月の集団栄養指導のスケジュールを更新します♪

栄養指導では、入院・外来患者さん対象に、それぞれ病態に合ったパンフレット等を用いて、わかりやすく説明を行っていきます。

5月のスケジュールはこちら↓↓
5月スケジュール修正

オーストリア赤十字社事務総長ベルナー・ケルシュバウム氏が来院されました

カテゴリー: その他

平成29年4月21日(金)、オーストリア赤十字社 事務総長のベルナー・ケルシュバウム氏とご令室のマルガレーテ・ケルシュバウム氏が来院されました。

今回は、長崎県で開催される「国際赤十字・赤新月運動会議」にあわせて、プライベートで来広され、当院にも足を運んでくださりました。

到着後、古川院長と挨拶を交わし、ベルナー氏からおみやげをいただきました。

その後の院内見学では、受付機から採尿カップが出てくるのを見て、「これはオーストリアにはない」と驚かれていました。

また、被爆資料室やメモリアルパークを訪れた際には、「心を動かされた。みんな広島に来るべきだ!」とおっしゃっていました。

限られた時間でしたが、当院をくまなく視察され、大変興味を持っていただけたようでした。

今回の訪問は、当院の歴史と現状を知っていただく良い機会になったのではないかと思います。

ケルシュバウムご夫妻、ありがとうございました。

プレゼンテーション1

看護実技研修を行いました!

カテゴリー: 研修

平成29年4月12日(水)、今年度新たに入職した看護師を対象に看護技術研修を行いました。

この研修は、すぐに実践可能な日常生活援助等の基本的な看護技術を確認するための研修です。

 

手洗いや感染予防の方法を学ぶための感染管理ケアの研修から始まり、看護を行う上で必ず経験する“点滴をしている患者さんの着替え”や“半身不随の患者さんをポータブルトイレへ移乗する介助”などについて、実技を通して学びました。

 

新人看護師たちは、学生時代に学んだことを活かし互いにアドバイスや相談をしながら研修に臨んでいました。

写真加工用

 

今後も継続して新人看護師への研修を行っていきます。

覚える事がたくさんあり大変だと思いますが、がんばりましょう♪