~医療の知恵~」カテゴリーアーカイブ

~医療の知恵~非アルコール性脂肪肝炎

カテゴリー: ~医療の知恵~

第47回「医療の知恵」では,「非アルコール性脂肪肝炎」を取り上げます。 肝臓内に中性脂肪の貯まった状態を「脂肪肝」といいます。(図1) 以前から、アルコールによって肝臓が脂肪肝になることは知られていましたが、時代とともに … 続きを読む

~医療の知恵~肺がん検診について

カテゴリー: ~医療の知恵~

検診の目的は、がんを早期に発見し、適切な治療をすることにより、がんで亡くなる方を減らすことです。 肺がん検診では「胸部エックス線検査(レントゲン検査)」を行います。これは肺全体のレントゲン画像を撮る方法です。 肺がん検診 … 続きを読む

~医療の知恵~最新の低侵襲(からだへの負担が少ない)手術とは?

カテゴリー: ~医療の知恵~

【単孔式腹腔鏡下手術】 おへそのくぼみの内側に隠れる1箇所のみを切開し、従来法とまったく同様の手術を行う最新の低侵襲手術で、当院でも導入しています。  日本では2009年から全国で研究会が設立され、10年間で技術面、安全 … 続きを読む

~医療の知恵~口腔乾燥症(ドライマウス)について

カテゴリー: ~医療の知恵~

当院歯科口腔外科では、口の中が乾燥して悩んでいらっしゃる方が比較的多く受診されます。 専門的には口腔乾燥症(ドライマウス)といわれ、広い意味では「口が渇いた」と自覚するすべての状態をさしているため、成り立ちが異なる種々の … 続きを読む

~医療の知恵~過活動膀胱について

カテゴリー: ~医療の知恵~

「過活動膀胱」は、症状によって定義される疾患で、尿意切迫感(急に尿意を催し、漏れそうで我慢できない状態)を必須症状として、頻尿、夜間頻尿、切迫性尿失禁を伴う疾患とされています。実際には、40歳以上の男女の8人に1人が過活 … 続きを読む

~医療の知恵~健診で『多血症』と言われたら

カテゴリー: ~医療の知恵~

最近、健康診断で「多血症疑い」と診断され、受診される方が多くなっています。「血の気が多いからキレやすい。」日常会話でも耳にする言葉ですが、医学的にはどうなのでしょうか。 多血症には①肥満、高血圧、緊張によるストレス多血症 … 続きを読む

~医療の知恵~自己調節鎮痛法

カテゴリー: ~医療の知恵~

「手術が決まったけど、手術後の痛みが心配。」という声を耳にします。 術後の痛みは、手術による組織の傷害と、それに伴う炎症反応により生じる生体防御反応で、時間が経つと軽減します。痛みの程度は、手術侵襲の大きさや手術部位の差 … 続きを読む

~医療の知恵~うんちの色

カテゴリー: ~医療の知恵~

今回はあかちゃんの「うんち」の話をします。我々小児科医が、新生児の問診で気にしているポイントをお伝えしましょう。 新生児の排便回数は一日数回から10回ほどが多く、授乳の度にうんちをする子もいます。粘土状や液状のこともあり … 続きを読む

~医療の知恵~肝線維化の非侵襲的測定法「あなたの肝臓の硬さは?」

カテゴリー: ~医療の知恵~

慢性肝炎が持続すると,肝細胞が壊れた跡に線維が沈着し、肝臓が硬くなります。これを「肝線維化」と呼び、これが進むと「肝硬変」になります。慢性肝疾患において、肝線維化の進展度を把握することは病態把握のために重要です。肝線維化 … 続きを読む

~医療の知恵~「メタボリックシンドローム」について

カテゴリー: ~医療の知恵~

「メタボ」という言葉は、みなさんご存じでしょう。正式には「メタボリックシンドローム」といい、内臓脂肪が蓄積し高血圧・高血糖・脂質異常症等の動脈硬化の危険因子を2つ以上合わせもった疾患概念で、危険因子が重積することで動脈硬 … 続きを読む