中学生よる平和学習訪問

カテゴリー: 研修 パーマリンク

平成30年1月31日(水)、新潟市立光晴中学校の2年生 4名が平和学習に来られました。

同中学校では、5人程度で構成されたグループが広島の各企業・団体等を訪問し、「広島の人々が戦後をどのように生きてきたか」を学ぶというプログラムを実施されており、当院にも来られました。

はじめに、「原爆投下から今日まで当院が何をしてきたか」などについてテキストを用いて説明しました。その後、被爆資料室及びメモリアルパークで、原爆の爆風により折れ曲がった窓枠などの被爆史料を実際に見てもらいました。

見学終了後、生徒から「事前学習で勉強してきたが、実際に話を聞くことで、より理解を深めることができた」「今回の体験は一生忘れないと思います」などの感想が述べられました。

1

新潟に帰って、家庭や学校で今回の体験を伝えてくれることを願っています。
今後も、平和学習などを通して原爆・被爆について伝えていきたいと思います。